ホーム > アルバム > 00028945764627 ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ストコフスキー編)/「ボリス・ゴドゥノフ」より(クリーヴランド管/ナッセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
00028945764627
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー Modest Petrovich Mussorgsky
編曲者
レオポルド・ストコフスキー Leopold Stokowski , ニコライ・アンドレイェヴィチ・リムスキー=コルサコフ Nikolay Andreyevich Rimsky-Korsakov
アーティスト
クリーヴランド管弦楽団 Cleveland Orchestra , オリヴァー・ナッセン Oliver Knussen

ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ストコフスキー編)/「ボリス・ゴドゥノフ」より(クリーヴランド管/ナッセン)

MUSSORGSKY, M..P.: Pictures at an Exhibition (arr. L. Stokowski for orchestra) / Boris Godounov (Cleveland Orchestra, Knussen)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/00028945764627

全トラック選択/解除

モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー - Modest Petrovich Mussorgsky (1839-1881)

**:**
組曲「展覧会の絵」(L. ストコフスキーによる管弦楽編)

Pictures at an Exhibition (arr. L. Stokowski for orchestra)

録音: November 1995, Severance Hall, Cleveland, United States
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4636375
**:**
»  Promenade
1.

-

**:**
»  I. Gnomus
2.

-

**:**
»  Promenade
3.

-

**:**
»  II. The Old Castle
4.

-

**:**
»  IV. Bydlo [A Polish Ox-Wagon]
5.

-

**:**
»  Promenade
6.

-

**:**
»  V. Ballet de poussins dans leurs coques (Ballet of the Unhatched Chicks)
7.

-

**:**
»  VI. Samuel Goldenberg and Schmuyle
8.

-

**:**
»  Catacombs - Sepulchrum Romanum; Con mortuis in lingua mortua
9.

-

**:**
»  VIII. Cum mortuis in lingua mortua
10.

-

**:**
»  IX. The Hut on Fowl's Legs
11.

-

**:**
»  X. La grande porte de Kiev (The Great Gate of Kiev)
12.

-

 
**:**
ボリス・ゴドゥノフ(L. ストコフスキーによる管弦楽編)

Boris Godounov (arr. L. Stokowski)

録音: November 1996, Severance Hall, Cleveland, United States
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4636376
**:**
»  I. Outside the Novodievichi Monastery - The people ask Boris for protection - Pilgrims are heard singing in the distance - They come closer and enter the Monastery
13.

-

**:**
»  II. Coronation of Boris
14.

-

**:**
»  III. Monks chanting in the Monastery of Choudov
15.

-

**:**
»  IV. Siege of Kazan
16.

-

**:**
»  V. Outside the Church of Saint Basil - The Idiot foretells the fate of Russia - The starving crowd ask Boris for bread
17.

-

**:**
»  VI. Death of Boris
18.

-

 
**:**
歌劇「ホヴァーンシチナ」(L. ストコフスキーによる管弦楽編)
19.

Khovanshchina: Act V: Beginning (arr. N. Rimsky-Korsakov)

録音: November 1996, Severance Hall, Cleveland, United States
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4636377
 
**:**
交響詩「禿山の一夜」(原典版)
20.

St. John's Night on Bald Mountain, "A Night on the Bare Mountain" (original version)

録音: November 1996, Severance Hall, Cleveland, United States
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4636378
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: kirakuossan 投稿日:2018/12/29
組曲「展覧会の絵」。通常よく耳にする演奏はラヴェル編だが、ここではストコフスキー編曲である。ストコフスキー編は冒頭「プロムナード」のあのトランペットのファンファーレ音の響きはなく、旋律は第一ヴァイオリンのみのユニゾンで演奏される。流れるように始まり、そして一貫して角がとれてゴツゴツ感はない。聴き比べるとよくわかるが、まったく別の音楽に聴こえるほど違う。迫力面ではラヴェル編、華麗面ではストコフスキー編。ただ一説では、ラヴェル編は「原曲のロシア的な要素を重視するよりもオーケストラ作品としての華やかな色彩を与えることを企図した」とあり、そしてストコフスキー編に関しては「ラヴェル版のフランス風に洗練された編曲に対し、原曲のロシア的な響きを生かすという意図のもとに編曲されている」とある。果たしてそうだろうか?全くその逆に感じとれる。ストコフスキー編の方が、よりフランス風かどうかは別にしてもラヴェル編よりさらにいっそう洗練された印象を持つ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。