ホーム > アルバム > 00028947689935 J.S. バッハ/モーツァルト/フランク/ヴィドール/ヴィエルヌ:オルガン作品集(コシュロー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
00028947689935
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ルイ・ヴィエルヌ Louis Vierne , シャルル=マリー・ヴィドール Charles-Marie Widor , ピエール・コシュロー Pierre Cochereau , ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , セザール・フランク César Franck , レオン・ボエルマン Léon Boëllmann , オリヴィエ・メシアン Olivier Messiaen , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
ピエール・コシュロー Pierre Cochereau

J.S. バッハ/モーツァルト/フランク/ヴィドール/ヴィエルヌ:オルガン作品集(コシュロー)

Organ Recital: Cochereau, Pierre - BACH, J.S. / MOZART, W.A. / FRANCK, C. / WIDOR, C.-M. / VIERNE, L. (Grandes Orgues À Notre-Dame De París)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/00028947689935

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565
1.

Toccata and Fugue in D Minor, BWV 565

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233931

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
アンダンテ ヘ長調 K. 616
2.

Andante in F Major, K. 616

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233932

セザール・フランク - César Franck (1822-1890)

**:**
オルガンのための3つのコラール - 第2番 ロ短調 M. 39
3.

3 Chorales for Organ: No. 2 in B Minor, M. 39

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233933

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
11のコラール前奏曲 Op. 122 - 第10番 わが心の切なる願い
4.

11 Chorale Preludes, Op. 122: No. 10. Herzlich tut mich verlangen

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233934

レオン・ボエルマン - Léon Boëllmann (1862-1897)

**:**
神秘の時 Op. 29, No. 1 - 聖体奉挙
5.

Heures mystiques, Op. 29, No. 1: Élévation

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233935

シャルル=マリー・ヴィドール - Charles-Marie Widor (1844-1937)

**:**
オルガン交響曲第5番 ヘ短調 Op. 42, No. 1 - 第5楽章 トッカータ(アレグロ)
6.

Organ Symphony No. 5 in F Minor, Op. 42, No. 1: V. Toccata: Allegro

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233936

ルイ・ヴィエルヌ - Louis Vierne (1870-1937)

**:**
24の自由な形式の作品 Op. 31 - 第19曲 子守歌
7.

24 Pieces en style libre, Op. 31: No. 19. Berceuse

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233937

オリヴィエ・メシアン - Olivier Messiaen (1908-1992)

**:**
聖餐式
8.

Le banquet céleste

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233938

ピエール・コシュロー - Pierre Cochereau (1924-1984)

**:**
民謡の主題によるフランス組曲

Suite à la française sur des thèmes populaires (excerpts)

録音: Notre-Dame de Paris Cathedral, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8233939
**:**
»  I. Prélude: Légende de Saint-Nicolas
9.

-

**:**
»  VII. Toccata: Marche des rois
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2021/01/09
普段はオルガンのCDを聴くことは少ないのですが、近代オルガン作品の孤高の傑作と言えるヴィドールの「オルガン交響曲第5番のトッカータ」の聴き比べをしている中で、個人的に琴線に触れたのがこのディスクでした。 ピエール・コシュローはパリのノートルダム聖堂のオルガニストをやっていた人で、このディスクはそのオルガンでの演奏を集めたもの(収録年は複数に渡っているようだ) で、この演奏、やたら、どデカい。 ジョワワワアーン!! ズゴゴゴォォーーン!!という轟音で充満してます。 まさに大オルガンを遠慮なくぶっ放した音で、他では聴けない音であり、実に快感。 一方でお下品極まりないオルガンとも言え(笑)、ノートルダム聖堂のオルガンがこんな音なのか?それともコシュローの志向なのか?は分からないけど、まあ、とにかく聴いていて楽しい。 なので、ヴィドールのオルガン交響曲第5番のトッカータはもちろんのこと、超有名なバッハのトッカータとフーガ ニ短調 BWV 565が大変なことになってるし(笑)、最後に収められた自作の「民謡の主題によるフランス組曲」が、自己顕示欲丸出しのような力作で、大オルガンの音に大いに感激しながら、いろいろ笑かしてくれる。 彼はカラヤン&ベルリン・フィルのサン・サーンスの交響曲第3番(81年録音)に、このノートルダム聖堂のオルガンを録音したものを合成することで参加していたが、そのオルガンも、ジョワワワーーン!な感じでお下劣だったので、ノートルダム聖堂のオルガンをコシュローが弾くとこうなっちゃうんだろう。  実に愛すべきオルガニストである。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。