ホーム > アルバム > 555047-2 メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲集 2 (オルフェオ・バロック管/ガイック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555047-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
アーティスト
オルフェオ・バロック管弦楽団 Orfeo Baroque Orchestra, L' , ミヒ・ガイック Michi Gaigg

メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲集 2 (オルフェオ・バロック管/ガイック)

MENDELSSOHN, Felix: String Symphonies, Vol. 2 - Nos. 7, 10, 12 (L'Orfeo Baroque Orchestra, Gaigg)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555047-2

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
弦楽のための交響曲第7番 ニ短調

Sinfonia No. 7 in D Minor, MWV N7

録音: 16-18 September 2015, Alte Anton Bruckner Privatuniversität Linz, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5988921
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuetto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
4.

-

 
**:**
弦楽のための交響曲第7番 ニ短調 - 第4楽章 アレグロ・モルト(抜粋)
5.

Sinfonia No. 7 in D Minor, MWV N7: IV. Allegro molto (excerpt)

録音: 16-18 September 2015, Alte Anton Bruckner Privatuniversität Linz, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6011490
 
**:**
弦楽のための交響曲第10番 ロ短調

Sinfonia No. 10 in B Minor, MWV N10

録音: 16-18 September 2015, Alte Anton Bruckner Privatuniversität Linz, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6011491
**:**
»  Sinfonia No. 10 in B Minor
6.

-

 
**:**
弦楽のための交響曲第13番 ハ短調(交響的断章)
7.

Symphonic Movement in C Minor, MWV N14

録音: 16-18 September 2015, Alte Anton Bruckner Privatuniversität Linz, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6011492
 
**:**
弦楽のための交響曲第12番 ト短調 「フーガ」

Sinfonia No. 12 in G Minor, MWV N12, "Fuga"

録音: 16-18 September 2015, Alte Anton Bruckner Privatuniversität Linz, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6011493
**:**
»  I. Fuga: Grave - Allegro
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Allegro molto
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/04/11
12歳から14歳、少年時代のメンデルスゾーンが作曲した一連のシンフォニア集。バッハの息子たち、W.F.バッハやC.P.E.バッハをはじめ、ハイドン、モーツァルトの影響を受けつつ、自身の作風を確立するための「習作」と見做されていますが、瑞々しい感性による美しい旋律に満ちた音楽は、後のメンデルスゾーンの華麗で流麗な作品を思わせる独創的な味わいも持っています。第1集(777949)が好評を博したミヒ・ガイッグとオルフェオ・バロック管弦楽団によるこの第2集には、第7番:第4楽章の第1稿断片も収録されており、資料的価値の高いものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。