ホーム > アルバム > 555097-2 ドラランド:歌劇「ヴェルサイユの噴水」/劇音楽「アスクレピオスのコンセール」(ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル&室内アンサンブル/オデット/スタッブス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555097-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ミシェル=リシャール・ドラランド Michel-Richard de Lalande
作詞家
アントワーヌ・モレル Antoine Morel
アーティスト
ジョン・テイラー・ウォード John Taylor Ward , ヴァージニア・ウォーンケン Virginia Warnken , ポール・オデット Paul O'Dette , ブライアン・ギーブラー Brian Giebler , アーロン・シーハン Aaron Sheehan , スティーヴン・スタッブス Stephen Stubbs , モリー・ネッター Molly Netter , ジェシー・ブランバーグ Jesse Blumberg , ボストン古楽音楽祭声楽アンサンブル Boston Early Music Festival Vocal Ensemble , ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル Boston Early Music Festival Chamber Ensemble , ジェイソン・マクストゥーツ Jason McStoots , ソフィー・ミショー Sophie Michaux , オリヴィエ・ラケル Olivier Laquerre , マーゴ・ルード Margot Rood , テレサ・ワキム Teresa Wakim

ドラランド:歌劇「ヴェルサイユの噴水」/劇音楽「アスクレピオスのコンセール」(ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル&室内アンサンブル/オデット/スタッブス)

LALANDE, M.-R. de: Fontaines de Versailles (Les) [Opera] / Concert d'Esculape (Boston Early Music Festival Vocal & Chamber Ensemble, O'Dette, Stubbs)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555097-2

全トラック選択/解除

ミシェル=リシャール・ドラランド - Michel-Richard de Lalande (1657-1726)

**:**
歌劇「ヴェルサイユの噴水」 s133

Les fontaines de Versailles, s133

録音: 27 January - 4 Februrary 2019, Sendesaal Bremen
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8447951
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Scene 1: D'où vient que dans ces lieux (Latone, Flore)
2.

-

**:**
»  Scene 2: Arrête ici, mon fils (Latone, Apollon)
3.

-

**:**
»  Scene 2: Venez, venez (Latone, Flore)
4.

-

**:**
»  Scene 3: Déesse on attendait ici (Latone, Cérès)
5.

-

**:**
»  Scene 3: Simphonie de Violons et Flûtes - Arbres, jardins (Chorus)
6.

-

**:**
»  Scene 3: Air de Flore - Jeunes Zéphyrs (Flore)
7.

-

**:**
»  Scene 3: Chaconne
8.

-

**:**
»  Scene 4: Air d'Encelade - Je suis ce géant malheureux (Encelade)
9.

-

**:**
»  Scene 5: Il est donc de retour (Bacchus)
10.

-

**:**
»  Scene 5: Pour jouir quelques fois de sa noble présence (Bacchus, La Renommée)
11.

-

**:**
»  Scene 5: Simphonie douce de Flûtes et Violons - Plaintes, regrets (La Renommée, Bacchus, Encelade)
12.

-

**:**
»  Scene 5: Air pour la Renommée - Qu'on ne parle plus de tristesse! (La Renommée)
13.

-

**:**
»  Scene 6: Déesse nous voici (Latone, La Renommée, Comus, Chorus)
14.

-

**:**
»  Scene 6: Menuet - Heureux séjour (La Renommée)
15.

-

**:**
»  Scene 6: Finissons nos concerts (La Renommée, Flore, Le Dieu du Canal)
16.

-

**:**
»  Scene 6: Je goûte la douceur (Le Dieu du Canal)
17.

-

**:**
»  Scene 6: Finissons nos concerts (La Renommée, Chorus)
18.

-

 
**:**
グラン・ピエス

Grande pièce en G-ré-sol, s161

録音: 27 January - 4 Februrary 2019, Sendesaal Bremen
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8447952
**:**
»  I. Un peu lent
19.

-

**:**
»  II. Fugato
20.

-

**:**
»  III. Doucement
21.

-

**:**
»  IV. Gracieusement
22.

-

**:**
»  V. Gayement
23.

-

**:**
»  VI. Vivement
24.

-

 
**:**
劇音楽「アスクレピオスのコンセール」 s134

Concert d'Esculape, s134

録音: 27 January - 4 Februrary 2019, Sendesaal Bremen
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8447953
**:**
»  Overture
25.

-

**:**
»  Esculape aujourd'hui triomphe du tombeau
26.

-

**:**
»  Apollon qui chérit sa science profonde
27.

-

**:**
»  Simphonie de Violons et Flûtes - Dans ce qu'il entreprend
28.

-

**:**
»  Il est le choix du plus grand des Monarques
29.

-

**:**
»  Publions ses vertus
30.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/07/01
世界中で高く評価されているボストン古楽音楽祭アンサンブル。cpoでは特にフランスものを中心としたバロック・オペラの録音で親しまれています。彼らが今回手掛けたのは、フランス・バロックの偉大な作曲家の一人、ミシェル=リシャール・ドラランド(ド・ラランド)の作品です。1683年、25歳のドラランドは“太陽王”ルイ14世の宮廷音楽家として召し抱えられると、すぐに王のお気に入りの一人となり、王女の音楽教師を務めながら、1714年には王室礼拝堂(シャペル・ロワイヤル)の楽長となって、亡くなるまでその職務にあたりました。彼は宗教的な作品だけでなく、宮廷の行事のための作品も数多く書き、これらは王族や貴族たちの間で人気を獲得しました。とりわけ『ヴェルサイユの噴水』は、美しく瀟洒な噴水の周りに神々が集まり、素晴らしい庭園の完成を祝うという内容の音楽劇で、この洗練された作品は王を始めとした宮廷人たちを大いに喜ばせたのです。『アスクレピオスのコンセール』は1683年5月に初演された劇音楽。アスクレピオスとはギリシャ神話に登場する名医で、おそらくルイ14世の病気快癒を祝って上演されたと考えられています。「グラン・ピエス」は王が好んだと言われる技巧的な小品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。