ホーム > アルバム > 555135-2 ステッファーニ:声楽作品集(フォーサイス/バラース/ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル/オデット/スタッブス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
555135-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
アゴスティーノ・ステッファーニ Agostino Steffani
作詞家
伝承 Traditional , 不詳 Anonymous
アーティスト
クリスティアン・イムラー Christian Immler , ポール・オデット Paul O'Dette , スティーヴン・スタッブス Stephen Stubbs , エメケ・バラート Emőke Baráth , コリン・バルザー Colin Balzer , アマンダ・フォーサイス Amanda Forsythe , ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル Boston Early Music Festival Chamber Ensemble

ステッファーニ:声楽作品集(フォーサイス/バラース/ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル/オデット/スタッブス)

STEFFANI, A.: Vocal Music (Duets of Love and Passion) (A. Forsythe, Baráth, Boston Early Music Festival Chamber Ensemble, O'Dette, S. Stubbs)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555135-2

全トラック選択/解除

アゴスティーノ・ステッファーニ - Agostino Steffani (1654-1728)

**:**
Su, ferisci, alato arciero
1.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989987
 
**:**
Tengo per infallibile
2.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989988
 
**:**
E perchè non m'uccidete
3.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989989
 
**:**
Lilla mia non vuoi ch'io pianga, Pria ch'io faccia
4.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989990
 
**:**
Occhi belli, non più
5.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989991
 
**:**
Fulminate, saettate
6.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989992
 
**:**
Quanto care al cor
7.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989993
 
**:**
Gelosia, che vuoi da me?
8.
録音: 1-4 February 2017, Sendesaal, Bremen, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5989994
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/04/11
2015年グラミー賞を受賞したボストン・アーリーミュージック・フェスティヴァルの奏者たちによる最新録音はイタリア・バロック期の作曲家ステッファーニの声楽曲集。聖職者でもあったステッファーニですが、その作品は宗教曲だけに留まることなく、オペラ、劇音楽から室内カンタータまで多岐にわたるものでした。しかし歌劇については自筆譜が残されているものの、現在演奏されることはほとんどなく、このアルバムに収録されているような、いくつかのカンタータや二重唱が知られるのみです。どれもイタリア風の甘美な旋律と、フランス風の趣味の良さを併せ持ち、心浮き立つような楽しさに満ちています。若手歌手たちの溌剌とした歌唱が魅力的。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。