ホーム > アルバム > 555210-2 ラハナー:交響曲第6番/ファゴット・コンチェルティーノ(スー・チャーファ/エヴァーグリーン響/シュマルフス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555210-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フランツ・パウル・ラハナー Franz Paul Lachner
アーティスト
エヴァーグリーン交響楽団 Evergreen Symphony Orchestra , ゲルノート・シュマルフス Gernot Schmalfuss , スー・チャーファ Chia-Hua Hsu

ラハナー:交響曲第6番/ファゴット・コンチェルティーノ(スー・チャーファ/エヴァーグリーン響/シュマルフス)

LACHNER, F.P.: Symphony No. 6 / Bassoon Concertino (Chia-Hua Hsu, Evergreen Symphony, Schmalfuss)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555210-2

全トラック選択/解除

フランツ・パウル・ラハナー - Franz Paul Lachner (1803-1890)

**:**
交響曲第6番 ニ長調 Op. 56

Symphony No. 6 in D Major, Op. 56

録音: 3 January 2017, Keelung City Cultural Center, Taipei, Taiwan
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8878705
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro assai
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro con brio
4.

-

 
**:**
ファゴット・コンチェルティーノ 変ホ長調

Bassoon Concertino in E-Flat Major

録音: 3 January 2017, Keelung City Cultural Center, Taipei, Taiwan
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8878706
**:**
»  I. Allegro moderato con fuoco
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegretto
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/06/01
フランツ・シューベルトの親友であり、エンゲルベルト・フンパーディンクの師として知られるドイツの作曲家、指揮者フランツ・ラハナー。この「交響曲第6番」は、1837年4月19日にラハナー自身の指揮で初演され、ミュンヘンのマスコミから"優れた傑作"と大絶賛された作品です。付点音符が印象的な短いモティーフを積み上げていく第1楽章、コラール風の旋律が美しい第2楽章、第3楽章は沸き立つようなスケルツォ、第1楽章と同じく付点リズムが多用された快活な終楽章という4つの楽章を持つ古典的な構成でありながら、突然の転調などユニークな作風が楽しめます。かたや「ファゴット協奏曲」は1824年の作品。ラハナーがウィーンにいた頃に書かれた恐らく彼の初となるオーケストラ作品で、当時のウィーン国立歌劇場管弦楽団首席ファゴット奏者、テオパルド・ヒュールスに捧げられました。今回の世界初録音となる演奏は、エヴァーグリーン交響楽団の首席奏者スー・チャーファによるものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。