ホーム > アルバム > 555389-2 テレマン:序曲集 TWV 55:G1, G5, B13 (オルフェオ・バロック管/ヘールデン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555389-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
アーティスト
オルフェオ・バロック管弦楽団 Orfeo Baroque Orchestra, L' , カリン・ファン・へールデン Carin van Heerden

テレマン:序曲集 TWV 55:G1, G5, B13 (オルフェオ・バロック管/ヘールデン)

TELEMANN, G.P.: Overtures (Suites), TWV 55:G1, G5 and B13 (L'Orfeo Baroque Orchestra, Heerden)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555389-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
序曲(組曲) ト長調 TWV 55:G1

Overture (Suite) in G Major, TWV 55:G1

録音: 6-8 February 2020, Barocksaal des Schloßmuseums, Linzer Schloss
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8379354
**:**
»  I. Ouverture
1.

-

**:**
»  III. Air: Doucement
2.

-

**:**
»  II. Prélude: Vistement
3.

-

**:**
»  IV. Air: Lentement
4.

-

**:**
»  V. Menuet
5.

-

**:**
»  VI. Air en Sarabande
6.

-

**:**
»  VII. Entrée
7.

-

**:**
»  VIII. Angloise
8.

-

 
**:**
序曲(組曲) 変ロ長調 TWV 55:B13

Overture (Suite) in B-Flat Major, TWV 55:B13

録音: 6-8 February 2020, Barocksaal des Schloßmuseums, Linzer Schloss
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8435375
**:**
»  I. Ouverture
9.

-

**:**
»  II. Gigue
10.

-

**:**
»  III. Gavotte
11.

-

**:**
»  IV. Menuet
12.

-

**:**
»  V. Plainte
13.

-

**:**
»  VI. Bourrée
14.

-

**:**
»  VII. Affettuoso e molto adagio
15.

-

**:**
»  VIII. Passepied alternativement
16.

-

 
**:**
序曲(組曲) ト長調 TWV 55:G5

Overture (Suite) in G Major, TWV 55:G5

録音: 6-8 February 2020, Barocksaal des Schloßmuseums, Linzer Schloss
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8435376
**:**
»  I. Ouverture
17.

-

**:**
»  II. Les Augures
18.

-

**:**
»  III. Rondeau
19.

-

**:**
»  IV. Entrée
20.

-

**:**
»  V. La Joye
21.

-

**:**
»  VI. Sarabande
22.

-

**:**
»  VII. Gigue
23.

-

**:**
»  VIII. Gavotte en Rondeau
24.

-

**:**
»  IX. Plainte
25.

-

**:**
»  X. Menuets I-III
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2020/09/01
18世紀前半、ハンブルク市の音楽監督として活躍、生前はヨーロッパ随一と言われる人気と名声を誇り、ヘンデルやバッハとも親交を結んだテレマン。数多くの作品を残したため、その全貌は未だきちんと把握されておらず、現代においても各地の図書館などから、しばしば未発見の作品が掘り起こされます。このアルバムに収録された3作品も世界初録音。どの曲も、ドイツ音楽の伝統の中に、若い頃から親しんだフランス・イタリア・ポーランドの民族音楽からの影響や、当時最先端のロココ趣味が織り込まれているため、作品から作曲年代を推測するのはなかなか困難です。さまざまなアイディアが盛り込まれた作品を演奏するのは、オルフェオ・バロック管弦楽団。前作(777218)に続く2作目の序曲集となります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。