ホーム > アルバム > 555394-2 テレマン:歌劇「ピンピノーネ、または孤独な相続人」(ポラーク/ケニンガー/ベルリン古楽アカデミー/カルヴァイト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
555394-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 協奏曲
作曲家
チャールズ・エイヴィソン Charles Avison , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
作詞家
ヨハン・フィリップ・プレトリウス Johann Philipp Praetorius
アーティスト
ゲオルク・カルヴァイト Georg Kallweit , ドニニク・ケニンガー Dominik Köninger , ベルリン古楽アカデミー Berlin Akademie für Alte Musik , マリー=ソフィー・ポラーク Marie-Sophie Pollak

テレマン:歌劇「ピンピノーネ、または孤独な相続人」(ポラーク/ケニンガー/ベルリン古楽アカデミー/カルヴァイト)

TELEMANN, G.P.: Pimpinone [Opera] (Pollak, Köninger, Berlin Akademie für Alte Musik, Kallweit)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/555394-2

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
歌劇「ピンピオーネ」 TWV 21:15

Pimpinone, TWV 21:15

録音: 2-4 July 2020, Nikodemuskirche, Berlin Neukölln
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9415504
**:**
»  Intermezzo I: Aria: Chi mi vuol (Vespetta)
1.

-

**:**
»  Intermezzo I: Recitative: Ich suche zwar ein Glück (Vespetta, Pimpinone)
2.

-

**:**
»  Intermezzo I: Aria: Höflich reden, lieblich singen (Vespetta)
3.

-

**:**
»  Intermezzo I: Recitative: Doch was kann dieses wohl für Lust erwecken? (Pimpinone, Vespetta)
4.

-

**:**
»  Intermezzo I: Aria: Ella mi vuol (Pimpinone, Vespetta)
5.

-

**:**
»  Intermezzo I: Recitative: Was aber denkt ihr nun zu tun (Pimpinone, Vespetta)
6.

-

**:**
»  Intermezzo I: Duet: Nel petto (Pimpinone, Vespetta)
7.

-

チャールズ・エイヴィソン - Charles Avison (1709-1770)

**:**
スカルラッティの練習曲にもとづく協奏曲集 - 第6番 ニ長調 - 第2楽章 コン・フリア(1-43小節)
8.

Concertos done from Scarlatti's Lessons: Concerto No. 6 in D Major: II. Con furia (bars 1-43)

録音: 2-4 July 2020, Nikodemuskirche, Berlin Neukölln
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9415519

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
歌劇「ピンピオーネ」 TWV 21:15

Pimpinone, TWV 21:15

録音: 2-4 July 2020, Nikodemuskirche, Berlin Neukölln
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9415520
**:**
»  Intermezzo II: Recitative: Vespetta, willst du von mir gehen? (Pimpinone, Vespetta)
9.

-

**:**
»  Intermezzo II: Aria: Nei brevi momenti (Vespetta)
10.

-

**:**
»  Intermezzo II: Recitative: Schweig, schweig, du hast ja alles recht gemacht (Pimpinone, Vespetta)
11.

-

**:**
»  Intermezzo II: Aria: Guarda, guarda un poco (Pimpinone)
12.

-

**:**
»  Intermezzo II: Recitative: Er schweige nur! (Vespetta, Pimpinone)
13.

-

**:**
»  Intermezzo II: Aria: Io non sono una di quelle (Vespetta)
14.

-

**:**
»  Intermezzo II: Recitative: So geht es gut! (Pimpinone, Vespetta)
15.

-

**:**
»  Intermezzo II: Duet: Stendi, stendi (Pimpinone, Vespetta)
16.

-

チャールズ・エイヴィソン - Charles Avison (1709-1770)

**:**
スカルラッティの練習曲にもとづく協奏曲集 - 第6番 ニ長調 - 第2楽章 コン・フリア(44小節から終わりまで)
17.

Concertos done from Scarlatti's Lessons: Concerto No. 6 in D Major: II. Con furia (bars 44 to end)

録音: 2-4 July 2020, Nikodemuskirche, Berlin Neukölln
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9415521

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
歌劇「ピンピオーネ」 TWV 21:15

Pimpinone, TWV 21:15

録音: 2-4 July 2020, Nikodemuskirche, Berlin Neukölln
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9415522
**:**
»  Intermezzo III: Recitative: Ich will dahin, wohin es mir beliebet, gehn (Vespetta, Pimpinone)
18.

-

**:**
»  Intermezzo III: So quel che si dice (Pimpinone)
19.

-

**:**
»  Intermezzo III: Recitative: Für dieses Mal sei ihr der Ausgang unbenommen (Pimpinone, Vespetta)
20.

-

**:**
»  Intermezzo III: Aria: Voglio far (Vespetta)
21.

-

**:**
»  Intermezzo III: Recitative: Wie aber, wenn ich's auch so machen wollte? (Pimpinone, Vespetta)
22.

-

**:**
»  Intermezzo III: Aria und Duet: Wilde Hummel, böser Engel! (Pimpinone, Vespetta)
23.

-

**:**
»  Intermezzo III: Recitative: Du eigensinn' ger Esel, schau (Vespetta, Pimpinone)
24.

-

**:**
»  Intermezzo III: Aria und Duet: Schweig hinkünftig, albrer Tropf! (Vespetta, Pimpinone)
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
テレマンの《ピンピノーネ》は、1725年9月27日にハンブルクのゲンセマルクト歌劇場で、ヘンデルのオペラ《タメルラーノ》の幕間劇として初演され、その後1740年までハンブルクの公演プログラムに組み込まれていたほどの人気を博した作品です。同じ原作には1708年にアルビノーニが曲を付けていますが、テレマンと台本作家ヨハン・フィリップ・プレトリウスはこれをハンブルク風にアレンジ、いくつかのアリアや二重唱には新しいテキストを追加し、楽しい歌劇に仕上げたもので、テレマンは自身でもこの作品を気に入り、1728年には自費出版しています。この3部構成の幕間劇が成功した理由のひとつには、テレマンの音楽もさることながら、当時の仕事やプライベートの領域に対する鋭い視線がありそうです。独身女性の過酷な生活、富や社会的地位による結婚資格の重要性、家父長制的な結婚法の不当性、恋愛体質の老人への嘲笑などが描かれており、これらは現代にも通じる内容といえるでしょう。カルヴァイトが指揮するベルリン古楽アカデミーと2人の独唱者による見事な演奏をお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。