ホーム > アルバム > 6.220674 ラスムッセン:リコーダー協奏曲「なわばりの歌」/フロー/悲しみと喜び(ペトリ/エスビェア・アンサンブル/オルボア響/クリステンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
6.220674
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
スンレイフ・ラスムッセン Sunleif Rasmussen
作詞家
インガー・クリステンセン Inger Christensen
アーティスト
エスビェア・アンサンブル Esbjerg Ensemble , オルボア交響楽団 Aalborg Symphony Orchestra , ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン Henrik Vagn Christensen , クレメンス・シュルト Clemens Schuldt , デンマーク国立声楽アンサンブル Danish National Vocal Ensemble , ミカラ・ペトリ Michala Petri , ラップランド室内管弦楽団 Lapland Chamber Orchestra

ラスムッセン:リコーダー協奏曲「なわばりの歌」/フロー/悲しみと喜び(ペトリ/エスビェア・アンサンブル/オルボア響/クリステンセン)

RASMUSSEN, S.: Recorder Concerto, "Territorial Songs" / Flow / Sorrow and Joy (Petri, Esbjerg Ensemble, Aalborg Symphony, Christensen)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/6.220674

全トラック選択/解除

スンレイフ・ラスムッセン - Sunleif Rasmussen (1961-)

**:**
フロー

Flow

録音: 30 November 2020
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8518782
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Tranquillo
2.

-

**:**
»  III. Rondeau
3.

-

 
**:**
アイ
4.

I

録音: 11 August 2011 / 15-24 June 2020
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8518783
 
**:**
悲しみと喜び
5.

Sorrow and Joy

録音: 1 December 2020
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8518784
 
**:**
冬のこだま
6.

Winter Echoes

録音: 19 February 2015
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8518785
 
**:**
リコーダー協奏曲 「なわばりの歌」

Recorder Concerto, "Territorial Songs"

録音: 14-15 June 2014
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8518786
**:**
»  I. Leggiero
7.

-

**:**
»  II. Misterioso
8.

-

**:**
»  III. Espressivo
9.

-

**:**
»  IV. Tranquillo
10.

-

**:**
»  V. Leggiero
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/05/01
フェロー諸島出身の作曲家スンレイフ・ラスムッセン。デンマーク王立音楽大学で作曲と電子音楽を学び、DIEM(デンマークのエレクトロアコースティック音楽研究所)と協力していくつかの電子音楽作品を発表しました。2002年に交響曲第1番「Oceanic Days オセアニック・デイズ」で北欧理事会音楽賞を受賞、一躍注目を浴び、以降数多くの作品を発表しています。近年では名手ミカラ・ペトリをフィーチャーしたリコーダー作品を積極的に作曲。このアルバムには2009年から2020年に書かれたペトリのための作品が集められています。「Flow」と「悲しみと喜びの幻想曲」は最新の作品で、今回が世界初録音となるもの。"自らのなわばりを主張する鳥の歌"にインスパイアされたという「なわばりの歌」など他の作品はこれまでに発売されたアルバムからの再収録となります。ラスムッセンは、ミカラ・ペトリの超絶技巧を熟知しており、リコーダーの特性を最大に発揮させるとともに、彼の故郷であるフェロー諸島の民謡も素材として用いるなど、ペトリのためによく練られた作品を用意。彼女もこ見事な演奏でラスムッセンのスコアに命を吹き込んでいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。