ホーム > アルバム > 777835-2 アイヒナー:ハープ協奏曲集(アイヒホルン/マンハイム・プファルツ選帝侯室内管/フラース)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
777835-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
エルンスト・アイヒナー Ernst Eichner , Jean Th. Eichner
アーティスト
シルケ・アイヒホルン Silke Aichhorn , シュテファン・フラース Stefan Fraas , マンハイム・プファルツ選帝侯室内管弦楽団 Kurpfälzisches Kammerorchester

アイヒナー:ハープ協奏曲集(アイヒホルン/マンハイム・プファルツ選帝侯室内管/フラース)

EICHNER, E.: Harp Concertos (Aichhorn, Kurpfälzisches Kammerorchester, Fraas)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/777835-2

全トラック選択/解除

エルンスト・アイヒナー - Ernst Eichner (1740-1777)

**:**
ハープ協奏曲 ハ長調 Op. 6, No. 1

Harp Concerto in C Major, Op. 6, No. 1

録音: 15-18 January 2013, Mannheim, Johanniskirche, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3409274
**:**
»  I. Allegro tempo giusto
1.

-

**:**
»  II. Andantino poco allegretto
2.

-

**:**
»  III. Tempo di minuetto
3.

-

**:**
ハープ協奏曲 ト長調 Op. 5, No. 1

Harp Concerto in G Major, Op. 5, No. 1

録音: 15-18 January 2013, Mannheim, Johanniskirche, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3409302
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante poco adagio
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Tempo di menuetto
6.

-

 
**:**
ハープ協奏曲 ニ長調 Op. 5, No. 2

Harp Concerto in D Major, Op. 5, No. 2

録音: 15-18 January 2013, Mannheim, Johanniskirche, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3409303
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Andante
8.

-

**:**
»  III. Tempo di menuetto
9.

-

エルンスト・アイヒナー - Ernst Eichner (1740-1777)

**:**
ハープ協奏曲 ニ長調 Op. 9

Harp Concerto in D Major, Op. 9

録音: 15-18 January 2013, Mannheim, Johanniskirche, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3409304
**:**
»  I. Allegro
10.

-

**:**
»  II. Andantino
11.

-

**:**
»  III. Allegro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/12/07
いくつかの交響曲作品で知られる、モーツァルトより16歳年上の作曲家エルンスト・アイヒナー。彼はドイツの宮廷音楽家の家庭に生まれ、まずは父親から音楽を学びます。ファゴット、ヴァイオリンの名手であり、ツヴァイブリュッケンの宮廷楽団員も務めました。彼はロンドン、パリ。フランクフルトなどに演奏旅行に出かけましたが、恐らくその時にハープ協奏曲を書く必要に迫られたようです。これらの作品の素晴らしさについては、1784年のアイヒナーの死後、詩人C.F.D.シューバルトが曲を絶賛した言葉が残るほどでした。演奏の際には、技術的に困難な個所を持ち合わせていますが、ハープ奏者のジルケ・アイヒホルンは難なく演奏し、素晴らしい音楽として聞かせています。ジャン・テオフィール・アイヒナーについては詳細は分かっておりませんが、恐らく兄弟かと思われます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。