ホーム > アルバム > 8.110105 バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ムソルグスキー:展覧会の絵(ボストン響/クーセヴィツキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110105
CD発売時期
2000年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベーラ・バルトーク Béla Bartók , モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー Modest Petrovich Mussorgsky
編曲者
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
セルゲイ・クーセヴィツキー Sergey Koussevitzky , ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra

バルトーク:管弦楽のための協奏曲/ムソルグスキー:展覧会の絵(ボストン響/クーセヴィツキー)

BARTÓK, B.: Concerto for Orchestra / MUSSORGSKY: Pictures at an Exhibition (Koussevitzky) (1943-1944)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.110105

全トラック選択/解除

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
管弦楽のための協奏曲 BB 123

Concerto for Orchestra, BB 123

録音: 30 December 1944, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8910495
**:**
»  I. Introduzione: Andante non troppo - Allegro vivace
1.

-

**:**
»  II. Giuoco delle coppie: Allegro scherzando
2.

-

**:**
»  III. Elegia: Andante non troppo
3.

-

**:**
»  IV. Intermezzo interrotto: Allegretto
4.

-

**:**
»  V. Finale: Pesante - Presto (original ending)
5.

-

モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー - Modest Petrovich Mussorgsky (1839-1881)

**:**
組曲「展覧会の絵」(M. ラヴェルによる管弦楽編)(抜粋)

Pictures at an Exhibition (orch. M. Ravel) (excerpts)

録音: 9 October 1943, Symphony Hall, Boston
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8910496
**:**
»  プロムナード
6.

-

Promenade

**:**
»  第1曲 小人
7.

-

I. Gnomus

**:**
»  プロムナード
8.

-

Promenade

**:**
»  第3曲 チュイルリーの庭
9.

-

III. Tuileries

**:**
»  第5曲 卵の殻をつけた雛の踊り
10.

-

V. Ballet of the Chickens in their Shells

**:**
»  第6曲 サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ
11.

-

VI. Samuel Goldenberg and Schmuyle

**:**
»  第7曲 リモージュの市場
12.

-

VII. Limoges - The Market Place

**:**
»  第8曲 カタコンベ
13.

-

VIII. Catacombae

**:**
»  死せる言葉による死者への呼びかけ
14.

-

Cum mortuis in Lingua mortua

**:**
»  第9曲 鶏の足の上に建つ小屋(バーバ・ヤガー)
15.

-

IX. The Hut on Hen's Legs (Baba Yaga)

**:**
»  第10曲 キエフの大門
16.

-

X. The Great Gate of Kiev

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
昨今の、そつのない定型化された演奏とは一線を画す、強烈な個性に彩られたクーセヴィツキーのタクトさばきが如実に現れた一枚です。バルトークの悲歌での哀切、終曲でのリズムの巧みさ、「展覧会」における色彩感の豊富さ、クライマックスの華々しさ。そしてなにより曲全体をたゆまなく構成し、劇的な展開を繰り広げていく、そのスケールの大きさ。ヴィルトゥオーゾ指揮者と言っても過言ではないでしょう。ノイズも少なく良好な音質。加えて、バルトークでは現在ではあまり演奏されない初稿が用いられているのも着目されます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。