ホーム > アルバム > 8.110736 メンデルスゾーン:無言歌集(フリードマン)(1930-1931)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110736
CD発売時期
2004年7月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn , フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
ブロニスワフ・フーベルマン Bronisław Huberman , イグナーツ・フリードマン Ignaz Friedman

メンデルスゾーン:無言歌集(フリードマン)(1930-1931)

MENDELSSOHN: Songs without Words (Friedman) (1930-1931)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.110736

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
無言歌集 第1巻 Op. 19

Songs without Words

録音: 16-17 September 1930, Columbia Studios, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/43394
**:**
»  第6曲 ト短調 「ヴェネツィアの舟歌 第1」
1.

-

Op. 19, No. 3 in A Major

**:**
»  第3曲 イ長調 「狩りの歌」
2.

-

Op. 19, No. 6 in G Minor

**:**
»  第5曲 嬰ヘ短調 「不安」
3.

-

Op. 102, No. 5 in A Major

**:**
»  第6曲 ト短調 「ヴェネツィアの舟歌 第1」
4.

-

Op. 30, No. 6 in F-Sharp Minor

**:**
»  第2曲 イ短調 「後悔」
5.

-

Op. 38, No. 2 in C Minor

**:**
»  第6曲 ト短調 「ヴェネツィアの舟歌 第1」
6.

-

Op. 38, No. 6 in A-Flat Major

**:**
»  第2曲 イ短調 「後悔」
7.

-

Op. 53, No. 2 in E-Flat Major

**:**
»  第4曲 イ長調 「ないしょの話」
8.

-

Op. 53, No. 4 in F Major

**:**
»  第2曲 イ短調 「後悔」
9.

-

Op. 67, No. 2 in F-Sharp Minor

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 「クロイツェル」 Op. 47

Violin Sonata No. 9 in A Major, Op. 47, "Kreutzer"

録音: 11-12 September 1930, Columbia Studios, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8012027
**:**
»  I. Adagio sostenuto - Presto
10.

-

**:**
»  II. Andante con variazioni
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

**:**
»  I. Adagio sostenuto - Presto (alternative take)
13.

-

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第2番 嬰ハ短調
14.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 2 in C-Sharp Minor

録音: 16-17 December 1931, Columbia Studios, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8012028
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
録音を残したピアニストの中で、もっとも偉大な存在の一人がフリードマンであることは、具眼の聞き手の間で意見が一致するところです。ハンガリー狂詩曲で見られるような大向こうを唸らせる圧倒的な技巧も持つ一方、無言歌のような小品を隅々まで磨き上げ、絶妙なルバートやフレージングなどによって、曲に色彩や陰影を付与する能力も持っていました。9の「失われた幻影」は、最も美しい録音のひとつでしょう。また「クロイツェル」では単なる伴奏にとどまることなく、古典的なストーリー・テリングの才を遺憾なく発揮しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。