ホーム > アルバム > 8.110994 モーツァルト:セレナード第10番「グラン・パルティータ」、第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(ウィーン・フィル/フルトヴェングラー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.110994
CD発売時期
2006年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
クリストフ・ヴィリバルト・グルック Christoph Willibald Gluck , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Vienna Philharmonic Orchestra , ヴィルヘルム・フルトヴェングラー Wilhelm Furtwängler , ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berlin Philharmonic Orchestra

モーツァルト:セレナード第10番「グラン・パルティータ」、第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(ウィーン・フィル/フルトヴェングラー)

MOZART: Serenades Nos. 10 and 13 (Furtwangler, Commercial Recordings 1940-50, Vol. 1)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.110994

全トラック選択/解除

クリストフ・ヴィリバルト・グルック - Christoph Willibald Gluck (1714-1787)

**:**
歌劇「アルチェステ」 - 第1幕 序曲
1.

Alceste, Act I: Overture

録音: 28 October 1942
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/105788

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
セレナード第10番 変ロ長調 「グラン・パルティータ」 K. 361

Serenade No. 10 in B-Flat Major, K. 361, "Gran Partita"

録音: 11 and 26 November 1947 and 3 December 1947
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/105789
**:**
»  I. Largo - Allegro molto
2.

-

**:**
»  II. Menuetto - Trio I-II
3.

-

**:**
»  III. Adagio
4.

-

**:**
»  IV. Menuetto: Allegretto - Trio I-II
5.

-

**:**
»  V. Romanze: Adagio - Allegretto - Adagio
6.

-

**:**
»  VI. Theme with Variations
7.

-

**:**
»  VII. Finale: Molto allegro
8.

-

 
**:**
セレナード第13番 ト長調 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 K. 525

Serenade No. 13 in G Major, K. 525, "Eine kleine Nachtmusik"

録音: 1 April 1949
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/105790
**:**
»  I. Allegro
9.

-

**:**
»  II. Romanza: Andante
10.

-

**:**
»  III. Minuet: Allegretto - Trio
11.

-

**:**
»  IV. Rondo: Allegro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
音楽のメトロノミカルな進行を嫌い、旋律(メロス)の微妙な息づかいに集中したフルトヴェングラーは、ワーグナーの流れを継ぐ最後の巨匠でありました。凡庸な音楽家の場合、旋律線に注意を傾けるあまり全体のまとまりがばらけてしまうケースが見られますが、フルトヴェングラーを偉大たらしめたのは、楽曲を包括的に組み立てる能力に秀でた点でしょう。彼が意図せずして使っていた、クライマックスに向けてほんのわずかにアップされるテンポの揺らぎ、第1主題と第2主題の強弱のコントラストなどの技法が、モーツァルトの作品に於いて明瞭に発見することが出来ます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。