ホーム > アルバム > 8.111022 エルガー:序曲「コケイン」/エニグマ変奏曲/威風堂々(ロンドン響/BBC響/エルガー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.111022
CD発売時期
2005年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
アーティスト
BBC交響楽団 BBC Symphony Orchestra , エドワード・エルガー Edward Elgar , ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団 Royal Albert Hall Orchestra , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

エルガー:序曲「コケイン」/エニグマ変奏曲/威風堂々(ロンドン響/BBC響/エルガー)

ELGAR: Cockaigne Overture / Enigma Variations / Pomp and Circumstance Marches (Elgar) (1926-1933)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.111022

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
序曲「コケイン」 - ロンドンの下町で Op. 40
1.

Cockaigne, Op. 40, "In London Town"

録音: 11 April 1933, EMI Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103084
 
**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma"

録音: 28 April & 30 August 1926, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103085
**:**
»  Theme
2.

-

**:**
»  Var 1: C. A. E. (The Composer's Wife)
3.

-

**:**
»  Var 2: H. D. S-P. (Hew David Steuart-Powell)
4.

-

**:**
»  Var 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend)
5.

-

**:**
»  Var 4: W. M. B. (William Meath Baker)
6.

-

**:**
»  Var 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold)
7.

-

**:**
»  Var 6: Ysobel (Isabel Fitton)
8.

-

**:**
»  Var 7: Troyte (Troyte Griffith)
9.

-

**:**
»  Var 8: W. N. (Winifred Norbury)
10.

-

**:**
»  Var 9: Nimrod (A. J. Jaeger)
11.

-

**:**
»  Var 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny)
12.

-

**:**
»  Var 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair)
13.

-

**:**
»  Var 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson)
14.

-

**:**
»  Var 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon)
15.

-

**:**
»  Var 14: Finale: E. D. U. (The Composer)
16.

-

 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第1番 ニ長調
17.

Military March No. 1 in D Major, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 27 April 1926, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103086
 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第1番 ニ長調

Military March No. 1 in D Major, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 27 April 1926, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103086
**:**
»  Military March No. 2 in A Minor, Op. 39, "Pomp and Circumstance"
18.

-

 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第3番 ハ短調
19.

Military March No. 3 in C Minor, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 15 July 1927, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103087
 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第3番 ハ短調

Military March No. 3 in C Minor, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 15 July 1927, Queen's Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103087
**:**
»  Military March No. 4 in G Major, Op. 39, "Pomp and Circumstance"
20.

-

 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第5番 ハ長調
21.

Military March No. 5 in C Major, Op. 39, "Pomp and Circumstance"

録音: 18 September 1930, Kingsway Hall, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103089
 
**:**
序曲「コケイン」 - ロンドンの下町で Op. 40 (抜粋)
22.

Cockaigne, Op. 40, "In London Town" (excerpt) (recorded in dual mono)

録音: 11 April 1933, EMI Abbey Road Studio No. 1, London
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/103088
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
エルガーの名声を確立した代表作である「威風堂々第1番」「エニグマ変奏曲」の評価は、生前の人気に比べ現在あまり芳しくありません。しかしこの盤の自演を聴くと、いずれも堅固な様式美、名人芸的な楽器書法、質感のどっしりとした響きに満たされており、それら要素と旋律とが相まって、抜きがたく「英国的」な音楽を作り出していることがわかります。この強烈な個性を確立したエルガーのスタイルを、さらに演奏様式を通じて再認識できる盤といえるでしょう。ボーナス・トラックとして、位置の違うマイクによって同時に収録された2盤によって合成され、ステレオ風にしたてた録音が含まれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。