ホーム > アルバム > 8.555311 モンテヴェルディ:マドリガーレ集第5巻(1605)(デリティエ・ムジケ/ロンギーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555311
CD発売時期
2006年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi
作詞家
ジョヴァンニ・バッティスタ・グアリーニ Giovanni Battista Guarini , 不詳 Anonymous
アーティスト
デリティエ・ムジケ Delitiæ Musicæ , マルコ・ロンギーニ Marco Longhini

モンテヴェルディ:マドリガーレ集第5巻(1605)(デリティエ・ムジケ/ロンギーニ)

MONTEVERDI, C.: Madrigals, Book 5 (Il Quinto Libro de' Madrigali, 1605) (Delitiae Musicae, Longhini)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.555311

全トラック選択/解除

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
むごきアマリッリ
1.

Cruda Amarilli (Cruel Amaryllis)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115750
 
**:**
おおミルティッロ、わが心の君
2.

O Mirtillo

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115752
 
**:**
私の魂はもう最後の時に近づいていた
3.

Era l'anima mia (My spirit)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115753
 
**:**
さあ、シルヴィオ

Ecco, Silvio, colei (Lo, Silvio)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115754
**:**
»  第1部 さあ、シルヴィオ、あなたが忌み嫌っている女はここよ
4.

-

1a parte - Ecco, Silvio, colei (Lo, Silvio)

**:**
»  第2部 だけど、生まれ持っての優しさと徳と思いやりが
5.

-

2a parte - Ma, se con la pieta (Yet, if your innate kindness)

**:**
»  第3部 ああドリンダ、「僕のドリンダ」と言ってもいいだろうか?
6.

-

3a parte - Dorinda, ah, diro mia (Dorinda, ah shall I call you mine)

**:**
»  第4部 さあこうして大地に跪き
7.

-

4a parte - Ecco, piegando le genocchie (Lo, I bend my knees)

**:**
»  第5部 シルヴィオ、その胸を射るですって?
8.

-

5a parte - Ferir quel petto, Silvio? (Pierce your breast, Silvio?)

 
**:**
私があなたを生命より愛していることを

Ch'io t'ami (If, cruel girl)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115759
**:**
»  第1部 私があなたを愛しているのを
9.

-

1a parte - Ch'io t'ami (If, cruel girl)

**:**
»  第2部 ああ、かつて神の思し召しがある頃は
10.

-

2a parte - Deh, bella e cara (Ah, beloved, fair)

**:**
»  第3部 君はかつてないほど頑なになり
11.

-

3a parte - Ma tu, più che mai dura (But, harder of heart)

 
**:**
これ以上の何を私はあなたに差し上げられるでしょう
12.

Che dar più vi poss'io? (What more can I give you?)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115762
 
**:**
アマリッリのためなら苦痛も甘美
13.

M'e più dolce il penar per Amarilli (The pain I suffer for Amaryllis)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115763
 
**:**
ああ、優しく美しい太陽に向かうように
14.

Ahi, come a un vago sol (Alas, as if toward a graceful, lovely sun)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115764
 
**:**
美しすぎる愛の暴君
15.

Troppo ben puo (Tyrannous love)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115765
 
**:**
愛の神よ、あなたがもしも公平ならば
16.

Amor, se giusto sei (Love, if you are just)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115766
 
**:**
あなたを愛しています、私の生命よ
17.

T'amo, mia vita! (I love you my beloved!)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115767
 
**:**
蝶々が少しずつ飛び回るように
18.

E cosi, a poco a poco (And thus, little by little)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115768
 
**:**
このすばらしい合奏
19.

Questi vaghi concenti (These lovely songs)

録音: 5-10 April 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/115769
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
5声のパートの絡み合いで伝統的なマドリガーレを完成させたモンテヴェルディが、この第5巻に至って大胆な一歩を踏み出したとされる意欲作。今日でも腕自慢の古楽演奏家たちが競ってとりあげてきています。ナクソス盤の特徴は当然、男性だけによる歌唱ということになりますが、この重心の低い響きには抗し難い魅力があります。刺激的に演奏されることが多い昨今にあって、聴き手の心を落ち着かせ、安らぎを与えると言っても過言ではない、不思議な感触。雄弁な器楽部分も聴き逃せません。「蝶々が少しずつ飛び回るように」から切れ目無しに連続して、モンテヴェルディの最高傑作の一つと言える「こんなにすばらしい響き」になだれ込みます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。