ホーム > アルバム > 8.555312-13 モンテヴェルディ:マドリガーレ集第6巻(1614)(デリティエ・ムジケ/ロンギーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.555312-13
CD発売時期
2007年6月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽アンサンブル, 合唱曲(世俗曲), 声楽曲
作曲家
クラウディオ・モンテヴェルディ Claudio Monteverdi
作詞家
不詳 Anonymous , ペトラルカ Petrarch, , ジャンバッティスタ・マリーノ Giambattista Marino , オッタヴィオ・リヌッチーニ Ottavio Rinuccini
アーティスト
パオロ・コスタ Paolo Costa , ヴィットリオ・ザノン Vittorio Zanon , デリティエ・ムジケ Delitiæ Musicæ , マウリツィオ・ピアテッリ Maurizio Piantelli , ダニエレ・ボーヨ Daniele Bovo , カルメン・レオーニ Carmen Leoni , マルコ・ロンギーニ Marco Longhini

モンテヴェルディ:マドリガーレ集第6巻(1614)(デリティエ・ムジケ/ロンギーニ)

MONTEVERDI, C.: Madrigals, Book 6 (Il Sesto Libro de Madrigali, 1614) (Delitiae Musicae, Longhini)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.555312-13

全トラック選択/解除

Disc 1

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
アリアンナの嘆き(5声)

Lamento d'Arianna (a 5) (Ariadne's Lament)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168105
**:**
»  第1部 私を死なせて
1.

-

1a parte - Lasciatemi morire (Let me die)

**:**
»  第2部 ああテゼオ、私のテゼオ
2.

-

2a parte - O Teseo, o Teseo mio (O Theseus, o my Theseus)

**:**
»  第3部 あれほど私に誓った真心は
3.

-

3a parte - Dove, dove e la fede (Where, where is the fidelity)

**:**
»  第4部 ああ、それでも答えないのね
4.

-

4a parte - Ahi, che non pur risponde (Alas, he answers me not)

 
**:**
西風がかえり、美しい季節を運ぶ
5.

Zefiro torna e 'l bel tempo rimena (Zephyr returns and with him fair weather)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168106
 
**:**
すべての中のただひとりの女
6.

Una donna fra l'altre onesta e bella (From all the chorus of beauty fair)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168107
 
**:**
さようなら、美しいフロリダ
7.

A Dio, Florida bella, il cor piagato (Farewell, fair Florida, I leave you)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168108
 
**:**
いとしい女の墓に注ぐ恋人の涙

Lagrime d'amante al sepolcro dell'amata (A Lover's Tears at the Tomb of His Beloved)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168109
**:**
»  第1部 灰と化した亡骸よ、僕の美しい太陽を飲み込み
8.

-

1a parte - Incenerite spoglie (Remains turned to ashes)

**:**
»  第2部 ああ川々よ、お前たちはグラウコが墓石の上で叫びながら
9.

-

2a parte - Ditelo, o fiumi (Say it, o rivers)

**:**
»  第3部 もしグラウコが、かつては愛の巣であり
10.

-

3a parte - Dara la notte (By night)

**:**
»  第4部 愛するニンフよ、天の膝に抱かれているのだね
11.

-

4a parte - Ma te raccoglie, o ninfa (Yet heaven gathers you, o Nymph)

**:**
»  第5部 ああ黄金の髪よ、雪のように柔らかな胸よ
12.

-

5a parte - O chiome d'or (O golden tresses)

**:**
»  第6部 愛する亡骸よ、僕の瞳は墓石の高貴な胸の上を
13.

-

6a parte - Dunque, amate reliquie (Therefore, beloved remains)

 
**:**
おおその美しい顔よ、おおそのやさしい眼差しよ
14.

Ohime il bel viso, ohime il soave sguardo (Alas, that lovely face, alas, that gentle look)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168110
 
**:**
ティルシよ、ここで美しいクローリが笑い
15.

Qui rise, o Tirsi, e qui ver me rivolse (Here laughed, o Thyrsis, and here gazed)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168111

Disc 2

クラウディオ・モンテヴェルディ - Claudio Monteverdi (1567-1643)

**:**
哀れなアルチェオよ、この愛しい土地から去るのだ
1.

Misero Alceo, del caro albergo fore (Wretched Alceus, now must you away)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168112
 
**:**
バットよ、エルガストの涙
2.

Batto, qui pianse Ergasto (Defeated, here wept Ergastus)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168113
 
**:**
静かな川のほとりで(7声)
3.

Presso a un fiume tranquillo (a 7) (On the bank of a quiet-flowing river)

録音: 21-25 July 2003, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168114
 
**:**
さまざまなマドリガーレ集(1593-1634)

Miscellaneous Madrigals published in anthologies (1593-1634)

録音: 14-18 May 2006, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168116
**:**
»  私は燃える
4.

-

Io ardo si, ma'l fuoco e di tal sorte (I burn, yes, but the fire is such)

**:**
»  私の瞳
5.

-

Occhi miei, se mirar più non debb'io (My eyes, if I must see no more)

**:**
»  星が空にあるように
6.

-

Quante son stelle in ciel e in mar arene (As the stars in the sky and the sands of the ocean)

**:**
»  もしあなたが私を救わなければ
7.

-

Se non mi date aita (If you will not help me)

**:**
»  わたしはこれらの牧草地で群れを見る
8.

-

Prima vedro ch'in questi prati nascano (I shall see the herds in these meadows)

**:**
»  おお何とすばらしく、何とかわいい
9.

-

O come vaghi, o come (O how lovely, o how dear)

**:**
»  静かに、アルメリン
10.

-

Taci, Armelin, deh taci (Be quiet, Armellin, ah be quiet)

**:**
»  いとしい私のトルコ女
11.

-

La mia turca (My Turkish girl)

**:**
»  おお私は傷つき、倒れる
12.

-

Ohime ch'io cado, ohime (Alas, I am falling, alas)

**:**
»  苦しみが甘美なものなら
13.

-

Si dolce e'l tormento (So sweet is the torment)

**:**
»  私を憎むならなぜ
14.

-

Perche, se m'odiavi (Why if you hated me)

**:**
»  あなたはもう私に微笑もうとはしない
15.

-

Piu lieto il guardo (No longer do you look)

 
**:**
かぐわしき唇よ、なんという甘美さで

Lamento d'Arianna

録音: 14-18 May 2006, Chiesa di San Pietro, Vincoli, Azzago, Verona, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/168119
**:**
»  第1部 私を死なせて
16.

-

1a parte - Lasciatemi morire

**:**
»  第2部 ああテゼオ、私のテゼオ
17.

-

2a parte - O Teseo, o Teseo mio

**:**
»  第3部 あれほど私に誓った真心は
18.

-

3a parte - Dove, dove e la fede

**:**
»  第4部 ああ、それでも答えないのね
19.

-

4a parte - Ahi, che non pur risponde

**:**
»  第5部 ああ、もう一度場所を与えようというのか
20.

-

5a parte - Misera, ancor do loco

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
男性の歌手のみを起用し、重心の低い音域で奏でるモンテヴェルディのマドリガーレ集。当2枚組は、数多いモンテヴェルディ作品の中でも最高峰と言える「アリアンナの嘆き」と「いとしい女の墓に注ぐ恋人の涙」を含む第6巻を収録。他にも「西風がかえり」や「静かな川のほとりで」などの名作も含み、モンテヴェルディを知るためには、まずこの巻をはずすことはできません。その上、他の作曲家の作品と共に出版された、単独の珍しいマドリガーレを全て集めるという、貴重なカップリングを実現しました。「アリアンナの嘆き」は、独唱歌手によるバージョン(簡素な伴奏を従え、一人で歌うからこその痛切感を表現)も網羅しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。