ホーム > アルバム > 8.556840 ベスト・オブ・ダウランド

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.556840
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
ジョン・ダウランド John Dowland
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
キャサリン・キング Catherine King , ナイジェル・ノース Nigel North , ジェーコブ・ヘリングマン Jacob Heringman , スティーヴン・リッカーズ Steven Rickards , ドロシー・リネル Dorothy Linell , ローズ・コンソート・オブ・ヴァイオルズ Rose Consort of Viols, The

ベスト・オブ・ダウランド

DOWLAND (THE BEST OF)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.556840

全トラック選択/解除

ジョン・ダウランド - John Dowland (1563-1626)

**:**
あふれよわが涙
1.

Flow my tears

録音: 1 March, 26-30 October 1995, Fordham Town Hall, New York City
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314949
 
**:**
7つのファンタジー - 第7番 ト短調 P. 7
2.

7 Fantasies: No. 7. Fantasia in G Minor, P. 7

録音: 23-26 July 2004, St John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314950
 
**:**
男ひとりに女ひとり P. 10
3.

Solus cum sola, P. 10

録音: 29 June - 1 July, 2006, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314951
 
**:**
もう一度帰っておいで、やさしい恋人よ
4.

Come again: Sweet love doth now invite

録音: 26-30 October 1995, Fordham Town Hall, New York City
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314952
 
**:**
ジョン・ラングトン氏のパヴァーヌ
5.

Mr. John Langton's Pavan

録音: 12-14 March 1995, St. Andrews Church in Toddington, Gloucestershire
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314953
 
**:**
ラウンド・バトル・ガイヤルド P. 39
6.

Round Battle Galliard, P. 39

録音: 29 June - 1 July, 2006, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314954
 
**:**
愛の神よ、かつて出会ったことがあるのか
7.

Say Love if ever thou did'st find

録音: 26-30 October 1995, Fordham Town Hall, New York City
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314955
 
**:**
エリザベス女王のガイヤルド P. 41
8.

The Most Sacred Queen Elizabeth, her Galliard, P. 41

録音: 28 June - 1 July 2007, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314956
 
**:**
ダウランドはつねに悲しむ P. 9
9.

Semper Dowland semper dolens, P. 9

録音: 16-19 June 2005, St John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314968
 
**:**
愛と運命にそむかれた君たち
10.

All ye whom love or fortune hath betrayed

録音: 12-14 March 1995, St. Andrews Church in Toddington, Gloucestershire
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314969
 
**:**
デンマーク王のガイヤルド
11.

The King of Denmark's Galiard

録音: 12-14 March 1995, St. Andrews Church in Toddington, Gloucestershire
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314970
 
**:**
レイトン夫人のアルマンド P. 48
12.

Lady Laiton's Almain, P. 48

録音: 29 June - 1 July, 2006, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314971
 
**:**
ライル卿のガリアード 「ロバート・シンディ氏のガイヤルド」 P. 91」
13.

The Right Honourable the Lord Viscount Lisle, his Galliard, P. 91, "Sir Robert Sidney's Galliard"

録音: 29 June - 1 July, 2006, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314972
 
**:**
暗闇に私は住みたい
14.

In darkness let me dwell

録音: 26-30 October 1995, Fordham Town Hall, New York City
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314973
 
**:**
涙のパヴァーヌ P. 15
15.

Lachrimae Pavan, P. 15

録音: 16-19 June 2005, St John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314974
 
**:**
私は見た、あの人が泣いているのを
16.

I saw my lady weep

録音: 26-30 October 1995, Fordham Town Hall, New York City
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314975
 
**:**
溢れ出よ、わが涙
17.

Burst forth, my tears

録音: 12-14 March 1995, St. Andrews Church in Toddington, Gloucestershire
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314976
 
**:**
7つのファンタジー - 第3番 告別 P. 3
18.

7 Fantasies: No. 3. Farewell, P. 3

録音: 23-26 July 2004, St John Chrysostom Church, Newmarket, Ontario, Canada
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/314977
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
エリザベス朝からチャールズ1世にかけてのイギリスを代表するリュート奏者であったダウランド。彼の作品はほとんどがリュートのソロのためか、リュートと歌という小規模な形態で書かれたものです。内容も、どちらかというと世俗的なもので、親しい人や偉い人のために書いたリュート曲、もしくは恋人たちの愛の姿を歌ったものばかりで、いわば当時の流行歌のようなものでした。それだけに却ってその音楽は普遍性を持ち、今聴いても新しいばかりか、現代のアーティストにたくさんのインスピレーションを与えるという不思議な存在にもなっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。