ホーム > アルバム > 8.559257 アルバート:交響曲第1番「リバーラン」、第2番(ロシア・フィル/ポリヴニック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559257
CD発売時期
2007年3月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
スティーヴン・アルバート Stephen Albert
編曲者
セバスティアン・カリアー Sebastian Currier
アーティスト
ポール・ポリヴニック Paul Polivnick , ロシア・フィルハーモニー管弦楽団 Russian Philharmonic Orchestra

アルバート:交響曲第1番「リバーラン」、第2番(ロシア・フィル/ポリヴニック)

ALBERT, S.: RiverRun, "Symphony No. 1" / Symphony No. 2 (Russian Philharmonic, Polivnick)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.559257

全トラック選択/解除

スティーヴン・アルバート - Stephen Albert (1941-1992)

**:**
交響曲第1番「リバーラン」

RiverRun, "Symphony No. 1"

録音: 20-24 April 2005, Russian State TV & Radio Company
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/131784
**:**
»  I. Rain Music
1.

-

**:**
»  II. Leafy Speafing
2.

-

**:**
»  III. Beside the Rivering Waters
3.

-

**:**
»  IV. River's End
4.

-

 
**:**
交響曲第2番

Symphony No. 2

録音: 20-24 April 2005, Russian State TV & Radio Company
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/131785
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegro
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ニューヨーク出身で20世紀アメリカの音楽界で名を成したアルバート。19世紀までの音楽を、20世紀の音楽語法とどのように結びつけるかを追求した作曲家です。彼の人生は自動車事故で突然絶たれますが、ニューヨーク・フィルが委嘱し、ドラフトが残された「交響曲第2番」を友人が補完。当盤が同曲の世界初録音となります。作曲者のキャリアの集大成と言える力作に仕上がっています。カップリングの「第1番」(作曲者自身による英語解説付き)はピューリッツァー賞を受賞した傑作で、武満徹の同名作品と同様にジョイス文学に触発されたもの。全編にわたり活躍するピアノの音色が印象的です。当盤は20世紀アメリカ音楽の貴重な記録と言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。