ホーム > アルバム > 8.559792 ダニエルプール:孤独の歌/戦争の歌/素晴らしい都市に向けて(ハンプソン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559792
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
リチャード・ダニエルプール Richard Danielpour
作詞家
ウィリアム・バトラー・イェーツ William Butler Yeats , ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
ジャンカルロ・ゲレーロ Giancarlo Guerrero , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra , トーマス・ハンプソン Thomas Hampson

ダニエルプール:孤独の歌/戦争の歌/素晴らしい都市に向けて(ハンプソン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

DANIELPOUR, R.: Songs of Solitude / War Songs / Toward the Splendid City (Hampson, Nashville Symphony, Guerrero)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.559792

全トラック選択/解除

リチャード・ダニエルプール - Richard Danielpour (1956-)

**:**
孤独の歌

Songs of Solitude

録音: 12-14 March 2015, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, USA
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4911626
**:**
»  I. Prologue
1.

-

**:**
»  II. Blood and the Moon
2.

-

**:**
»  III. Drinking Song
3.

-

**:**
»  IV. These are the Clouds
4.

-

**:**
»  V. The Second Coming
5.

-

**:**
»  VI. Epilogue
6.

-

 
**:**
戦争の歌

War Songs

録音: 12-14 March 2015, Laura Turner Concerto Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, USA
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5065700
**:**
»  No. 1. Hush'd Be the Camps To-day
7.

-

**:**
»  No. 2. Look Down, Fair Moon
8.

-

**:**
»  No. 3. Reconciliation
9.

-

**:**
»  No. 4. Year That Trembled and Reel'd Beneath Me
10.

-

**:**
»  No. 5. Come Up From the Fields Father
11.

-

 
**:**
素晴らしい都市に向けて
12.

Toward the Splendid City

録音: 20-21 November 2015, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, USA
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/5065701
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/08/01
幾度季節が巡ろうとも、人々の記憶から失われることのない事項の一つに「9.11」があります。ニューヨークで活躍する現代作曲家ダニエルプール(1956-)は、自作の「アメリカン・レクイエム」の初演のために、9月11日の朝、演奏会場であるピークスキルの"コープランド・ハウス=コープランドが所有していた家"でスコアのチェックを行っていました。その時マンハッタンの出版社から電話が来て、同時多発テ口の勃発を知ったダニエルプールは、その事件と「アメリ力ン・レクイエム」との関連性に震憾したのです。もともと「アメリカン・レクイエム」は20世紀を通じて異なる戦争で戦った60人以上の退役軍人たちのインタビューから生まれた作品であり、ソリストには卜ーマス・ハンプソンが起用されていました。そこでダニエルプールは、今度は9.11を含む、世界中で起きる悲惨な戦いの犠牲者たちのために、同じく卜ーマス・ハンプソンが歌うことを想定した2つの新たな歌曲集を創り上げました。一つはウィリアム・バ卜ラー・イェーツの詩を用いた「孤独の歌」、もう一つはウォル卜・ホイッ卜マンの詩を用いた「戦争の歌」です。そして、1992年に作曲された「素晴らしい都市に向けて」はまだその事件を知らなかったニューヨークの肖像画です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。