ホーム > アルバム > 8.572779 ヴァインベルク:交響曲第6番/モルダヴィアの主題による狂詩曲(グリンカ・コラール・カレッジ少年合唱団/サンクトペテルブク響/ランデ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572779
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ミェチスワフ・ヴァインベルク Mieczysław Weinberg
作詞家
サムエル・ガルキン Samuel Galkin , レイブ・クヴィトコ Leib Kvitko , ミハイル・ルコニン Mikhail Lukonin
アーティスト
グリンカ・コラール・カレッジ少年合唱団 Glinka Choral College Boys' Choir , サンクトペテルブルク交響楽団 St. Petersburg State Symphony Orchestra , ウラディーミル・ランデ Vladimir Lande

ヴァインベルク:交響曲第6番/モルダヴィアの主題による狂詩曲(グリンカ・コラール・カレッジ少年合唱団/サンクトペテルブク響/ランデ)

WEINBERG, M.: Symphony No. 6 / Rhapsody on Moldavian Themes (Glinka Choral College Boys' Choir, St. Petersburg State Symphony, Lande)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.572779

全トラック選択/解除

ミェチスワフ・ヴァインベルク - Mieczysław Weinberg (1919-1996)

**:**
モルダヴィアの主題による狂詩曲 Op. 47, No. 1
1.

Rhapsody on Moldavian Themes, Op. 47, No. 1

録音: 17, 18, 20, 26 December 2010, Petersburg Recording Studio, St Catherine Lutheran Church, St Petersburg, Russia
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1917254
 
**:**
交響曲第6番 Op. 79

Symphony No. 6, Op. 79

録音: 17, 18, 20, 26 December 2010, Petersburg Recording Studio, St Catherine Lutheran Church, St Petersburg, Russia
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1917255
**:**
»  I. Adagio sostenuto
2.

-

**:**
»  II. Allegretto
3.

-

**:**
»  III. Allegro molto
4.

-

**:**
»  IV. Largo
5.

-

**:**
»  V. Andantino
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2012/03/01
ポーランドに生まれ、ショスタコーヴィチの友人としても知られる20世紀の最大の作曲家の一人、ワインベルクの2つの作品です。1949年、彼が30歳の時に作曲した「モルダヴィアの主題によるラプソディ」は物憂い風情を湛えた前半部と、興奮の坩堝と化した後半部のコントラストが見事です。民謡を多用したこの「親しみやすい」作品は、当時の社会情勢の求めで書いた曲であり、必ずしも彼の本意が表出されているとはいえませんが、人々の賞賛を集めたことは間違いありません。1949年11月30日にアレクサンドル・ガウク指揮、モスクワ放送交響楽団によって初演されました。交響曲第6番は、児童合唱を用いる描写的な音楽で、初演を聴いたショスタコーヴィチが大絶賛したと言います。確かにショスタコの一連の作品を上回るほどの凶暴性を持つスケルツォはロシア好きでなくとも、一聴の価値ありです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。