ホーム > アルバム > 8.573255 モレノ・トローバ:ギター協奏曲集 1 - フラメンコ協奏曲/対話(ペペ・ロメロ/コベス/マラガ・フィル/コベス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573255
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
フェデリコ・モレノ・トローバ Federico Moreno Torroba
アーティスト
ビセンテ・コベス Vicente Coves , マヌエル・コベス Manuel Coves , マラガ・フィルハーモニー管弦楽団 Málaga Philharmonic Orchestra , ペペ・ロメロ Pepe Romero

モレノ・トローバ:ギター協奏曲集 1 - フラメンコ協奏曲/対話(ペペ・ロメロ/コベス/マラガ・フィル/コベス)

MORENO TORROBA, F.: Guitar Concertos, Vol. 1 - Concierto en flamenco / Diálogos (Pepe Romero, V. Coves, Málaga Philharmonic, M. Coves)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/8.573255

全トラック選択/解除

フェデリコ・モレノ・トローバ - Federico Moreno Torroba (1891-1982)

**:**
フラメンコ協奏曲

Concierto en flamenco

録音: 2-4 July 2013, Sala Maria Cristina, Malaga, Spain
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3842945
**:**
»  I. Fandango
1.

-

**:**
»  II. Farruca
2.

-

**:**
»  III. Alegrias de Cadiz
3.

-

**:**
»  IV. Bulerias
4.

-

 
**:**
ギターと管弦楽のための対話

Dialogos entre guitarra y orquesta

録音: 2-4 July 2013, Sala Maria Cristina, Malaga, Spain
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3842946
**:**
»  I. Allegretto mosso
5.

-

**:**
»  II. Andantino mosso
6.

-

**:**
»  III. Andante
7.

-

**:**
»  IV. Allegro
8.

-

 
**:**
ラ・マンチャの歌

Aires de La Mancha

録音: 2-4 July 2013, Sala Maria Cristina, Malaga, Spain
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3842947
**:**
»  No. 1. Jeringonza
9.

-

**:**
»  No. 2. Ya llega el invierno
10.

-

**:**
»  No. 3. Coplilla
11.

-

**:**
»  No. 4. La Pastora
12.

-

**:**
»  No. 5. La Seguidilla
13.

-

 
**:**
カスティーリャ組曲

Suite castellana

録音: 2-4 July 2013, Sala Maria Cristina, Malaga, Spain
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3842948
**:**
»  I. Fandanguillo
14.

-

**:**
»  II. Arada
15.

-

**:**
»  III. Danza
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2014/12/01
最近、優れたギタリストの妙技によって、このスペインの作曲家モレノ・トローバ(1891-1982)の名前も広く知られるようになりましたが、まだまだ未知の部分が多く、このアルバムに収録されている「フラメンコ協奏曲」などは、なぜ今までこんなにステキな作品が録音されていなかったのだろう?と首をひねってしまう人も多いのではないでしょうか。それほどまでに、この曲素晴らしいのです。もちろん、ここで完璧なギターを奏でているのは名手ペペ・ロメロ。まさに神がかり的な演奏が繰り広げられています。指揮者としても高い才能を持っていたモレノ・トローバはオーケストラの扱いも巧みであり「ギターと管弦楽のための対話」ではハープやチェレスタを用いた、星のきらめきのような響きも追求されています。こちらでギターを演奏しているのは1982年生まれの若手ビンセント・コベス。指揮者のマニュエル・コベスは彼の兄弟です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。