ホーム > アルバム > 825646998388 フォーレ:ピアノ五重奏曲第1番、第2番/ピアノ四重奏曲第1番、第2番(ユボー/ガロワ=モンブラン/ルキアン/ナヴァラ/ヴィア・ノヴァ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
825646998388
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ガブリエル・フォーレ Gabriel Fauré
アーティスト
ヴィア・ノヴァ四重奏団 Via Nova Quartet , レイモン・ガロワ=モンブラン Raymond Gallois-Montbrun , アンドレ・ナヴァラ André Navarra , ジャン・ユボー Jean Hubeau , コレット・ルキアン Colette Lequien

フォーレ:ピアノ五重奏曲第1番、第2番/ピアノ四重奏曲第1番、第2番(ユボー/ガロワ=モンブラン/ルキアン/ナヴァラ/ヴィア・ノヴァ四重奏団)

FAURÉ, G.: Piano Quintets Nos. 1 and 2 / Piano Quartets Nos. 1 and 2 (Hubeau, Gallois-Montbrun, Lequien, Navarra, Via Nova Quartet)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/825646998388

全トラック選択/解除

Disc 1

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
ピアノ五重奏曲第1番 ニ短調 Op. 89

Piano Quintet No. 1 in D Minor, Op. 89

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/2240111
**:**
»  I. Molto moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto moderato
3.

-

 
**:**
ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 Op. 115

Piano Quintet No. 2 in C Minor, Op. 115

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/2240142
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Allegro vivo
5.

-

**:**
»  III. Andante moderato
6.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
7.

-

Disc 2

ガブリエル・フォーレ - Gabriel Fauré (1845-1924)

**:**
ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 Op. 15

Piano Quartet No. 1 in C Minor, Op. 15

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/2240143
**:**
»  I. Allegro molto moderato
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro vivo
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
4.

-

 
**:**
ピアノ四重奏曲第2番 ト短調 Op. 45

Piano Quartet No. 2 in G Minor, Op. 45

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/2240144
**:**
»  I. Allegro molto moderato
5.

-

**:**
»  II. Allegro molto
6.

-

**:**
»  III. Adagio non troppo
7.

-

**:**
»  IV. Adagio molto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sho 投稿日:2021/08/29
フォーレのピアノ五重奏曲1番と2番は、それぞれフォーレの中期、後期の中で到達した珠玉の室内楽曲です。素敵な演奏も多く、どの演奏が一番かは意見が分かれるかとは思いますが、私はこのユボー&ヴィアノヴァ四重奏団の演奏が抜きん出て好きで、とても琴線に触れます(「いいね!」も多いので同感いただける方も多いかも)。ロマンティックだけどそれに溺れることなく、悲しみを湛えつつヒステリックになり過ぎることはなく、達観や諦観の境地に近づきつつもそこまで行き切らない、人間愛とさりげないエスプリが豊かな、宝物のような演奏です。フォーレが好きだけどまだ聴いていないという方は、ぜひどうぞ。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。