ホーム > アルバム > 885470024462 マーラー:交響曲第3番(ラッペ/ベルリン放送響/レーグナー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
885470024462
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
伝承 Traditional , フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche
アーティスト
ハラルド・ウィンクラー Harald Winkler , ルートヴィヒ・ギュトラー Ludwig Güttler , ベルリン放送交響楽団 Berlin Radio Symphony Orchestra (Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin) , ヤドヴィガ・ラッペ Jadwiga Rappé , ハインツ・レーグナー Heinz Rögner , Jolan Berta

マーラー:交響曲第3番(ラッペ/ベルリン放送響/レーグナー)

MAHLER, G.: Symphony No. 3 (Rappé, Berlin Radio Symphony, Rögner)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/885470024462

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第3番 ニ短調

Symphony No. 3 in D Minor

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9269891
**:**
»  I. Kräftig - Entschieden
1.

-

**:**
»  I. Langsam
2.

-

**:**
»  I. Tempo I
3.

-

**:**
»  I. A tempo
4.

-

**:**
»  I. Immer dasselbe tempo
5.

-

**:**
»  I. Allegro moderato
6.

-

**:**
»  I. Tempo I
7.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto. Sehr mässig
8.

-

**:**
»  II. A tempo
9.

-

**:**
»  II. Ganz plotzlich gemachlich: Tempo di menuetto
10.

-

**:**
»  III. Comodo. Scherzando. Ohne Hast
11.

-

**:**
»  III. Wieder sehr gemachlich, wie zu Anfang
12.

-

**:**
»  III. Sehr gemachlich
13.

-

**:**
»  III. Tempo I
14.

-

**:**
»  III. Wieder sehr gemachlich, beinahe langsam
15.

-

**:**
»  IV. Sehr langsam. Misterioso
16.

-

**:**
»  IV. Più mosso subito
17.

-

**:**
»  V. Lustig im Tempo und keck im Ausdruck
18.

-

**:**
»  VI. Langsam. Ruhevoll. Empfunden
19.

-

**:**
»  VI. Nicht mehr so breit
20.

-

**:**
»  VI. Tempo I: Ruhevoll
21.

-

**:**
»  VI. A tempo
22.

-

**:**
»  VI. Tempo I
23.

-

**:**
»  VI. Langsam: Tempo I
24.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: はやしひろし 投稿日:2022/02/13
私が史上最高のオーケストラ録音の一つ(日本語少しおかしいですが)と思っているのがこのレーグナーのマーラーの3番。1983年、イエス・キリスト教会でのアナログ録音。もう40年も前のアナログ録音なのに(しかも旧東独の!)、これはオーケストラ録音の頂点の音。イエスキリスト教会のベストポジションで、生々しくド迫力の大オーケストラを聴いている趣。 最良のアナログ録音に特有の得も言われぬ空気感が素晴らしく、それなのに各楽器がとても明瞭で、これは奇跡の録音と言っても良いかと思っています。(ピアニッシモで空気を震わすバスドラの存在感!) 2007年、キングから発売されたハイパーリマスタ盤がずっと私のオーディオチェックディスクでしたが、今回アップされたのは、エテルナのオリジナルマスターテープからの新リマスタ。それゆえか、音の生々しさや立体感、音場の抜けが格段に良くなり、ヒスノイズも少ない。 レーグナーのマーラーは、あっさり、スッキリ派なので、普通の録音で聴いちゃうと面白くもなんともないものになってしまいそうですが、いつまでもこの幸せな音響の中に浸っていたい、そう思わせてくれます。オーケストラも気骨隆々の東ドイツの職人たちを集めたかのように超絶に上手く、まったくもって、素晴らしいマーラーになっているのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。