ホーム > アルバム > ALPHA788 ドゥロン:サルスエラ「コロニス」(ドゥルエ/オヴィティ/ビュネル/ル・ポエム・アルモニーク/デュメストル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA788
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フアン・バウティスタ・ホセ・カバニリェス Juan Bautista José Cabanilles , セバスティアン・ドゥロン Sebastián Durón
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
シリル・オヴィティ Cyril Auvity , キャロリン・メン Caroline Meng , アナ・キンタンシュ Ana Quintans , マリールー・ジャカール Marielou Jacquard , ヴァンサン・デュメストル Vincent Dumestre , イサベル・ドゥルエ Isabelle Druet , アンテア・ピチャニク Anthea Pichanick , ヴィクトワール・ビュネル Victoire Bunel , オリヴィエ・フィシェ Olivier Fichet , ブレンダ・プパール Brenda Poupard , ル・ポエム・アルモニーク Poème Harmonique, Le

ドゥロン:サルスエラ「コロニス」(ドゥルエ/オヴィティ/ビュネル/ル・ポエム・アルモニーク/デュメストル)

DURÓN, S.: Coronis [Operetta] (Dumestre, Druet, Auvity, Pichanick, Bunel, Le Poème Harmonique, Dumestre)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/ALPHA788

全トラック選択/解除

Disc 1

フアン・バウティスタ・ホセ・カバニリェス - Juan Bautista José Cabanilles (1644-1712)

**:**
イタリアのコレンテ
1.

Corrente Italiana

録音: 2-5 April 2021, Salle Colonne, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9293312

セバスティアン・ドゥロン - Sebastián Durón (1660-1716)

**:**
サルスエラ「コロニス」

Coronis

録音: 2-5 April 2021, Salle Colonne, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9293361
**:**
»  Act I: Al monte, a la selva (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Dioses, piedad! (Menandro, Sirene, Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I: Con venatorias voces la maleza (Sirene, Menandro, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: Pero qué horrible son? (Sirene, Menandro, Chorusnis)
5.

-

**:**
»  Act I: Cielos, que airados (Chorusnis)
6.

-

**:**
»  Act I: A dónde, fugitivo imán de mis deseos (Tritón, Sirene, Menandro)
7.

-

**:**
»  Act I: Suelta, homicida (Chorusnis, Tritón)
8.

-

**:**
»  Act I: Gran valor de mujer (Menandro, Sirene, Tritón)
9.

-

**:**
»  Act I: No prosigas, si no quieres (Chorusnis, Tritón, Sirene)
10.

-

**:**
»  Act I: Dioses, piedad (Chorusnis)
11.

-

**:**
»  Act I: Al ver que de mi horror (Tritón)
12.

-

**:**
»  Act I: Venid, monteros, venid, zagales (Chorus, Tritón)
13.

-

**:**
»  Act I: Qué dolor, qué pesar (Menandro, Sirene, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act I: Que fiero horror (Proteo)
15.

-

**:**
»  Act I: Ah del mísero albergo (Chorusnis, Proteo, Chorus)
16.

-

**:**
»  Act I: Vuestro llanto humilde pretenda regar (Proteo, Chorusnis, Chorus)
17.

-

**:**
»  Act I: Muera el sol (Neptuno, Chorusnis, Menandro, Sirene, Proteo)
18.

-

**:**
»  Act I: Al arma, rigores (Apolo)
19.

-

**:**
»  Act I: Qué desdicha (Chorusnis, Proteo, Menandro, Sirene, Chorus)
20.

-

Disc 2

セバスティアン・ドゥロン - Sebastián Durón (1660-1716)

**:**
サルスエラ「コロニス」

Coronis

録音: 2-5 April 2021, Salle Colonne, Paris, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9293361
**:**
»  Act II: Passacalle, jácara
1.

-

**:**
»  Act II: Al dios de los mares (Chorus)
2.

-

**:**
»  Act II: Mísera tracia (Proteo, Chorusnis, Menandro, Sirene)
3.

-

**:**
»  Act II: Encienda la llama (Chorusnis)
4.

-

**:**
»  Act II: Chorusnis infelice (Proteo)
5.

-

**:**
»  Act II: Llore de tracia en mis desgracia (Proteo)
6.

-

**:**
»  Act II: Ni las plantas, ni las fuentes (Chorusnis, Apolo)
7.

-

**:**
»  Act II: Porque vean los que (Apolo, Chorusnis, Menandro, Sirene)
8.

-

**:**
»  Act II: Llore y sienta (Chorus, Chorusnis, Menandro, Sirene)
9.

-

**:**
»  Act II: No temáis, no lloréis (Neptuno, Chorusnis, Menandro, Sirene, Chorus, Apolo)
10.

-

**:**
»  Act II: Decidme, plantas (Tritón)
11.

-

**:**
»  Act II: Favor, dioses, piedad, cielos (Chorusnis, Menandro, Tritón, Sirene, Apolo, Neptuno, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act II: Aunque los dioses, los incendios (Tritón, Chorusnis)
13.

-

**:**
»  Act II: No he de escuchar (Chorusnis, Tritón, Proteo, Apolo)
14.

-

**:**
»  Act II: Yo muero, qué es esto? (Tritón)
15.

-

**:**
»  Act II: De fiera gazapera hemos librado (Sirene, Menandro)
16.

-

**:**
»  Act II: Qué simplón, qué insolente (Sirene, Menandro)
17.

-

**:**
»  Act II: Menandro, sabes qué voy temiendo? (Sirene, Menandro, Chorusnis, Apolo, Proteo, Tritón, Chorus, Neptuno)
18.

-

**:**
»  Act II: No, señor, porque tritón (Sirene, Menandro, Neptuno, Tritón, Proteo, Apolo)
19.

-

**:**
»  Act II: Ya, sacros cielos (Tritón)
20.

-

**:**
»  Act II: Yo en venganza (Neptuno, Zagales, Chorusnis, Proteo)
21.

-

**:**
»  Act II: Ea, espumas, a lidiar (Ninfas, Apolo )
22.

-

**:**
»  Act II: Atented, parad (Iris)
23.

-

**:**
»  Act II: Ya, inmortales dioses (Chorusnis)
24.

-

**:**
»  Act II: Premie mi amor (Chorusnis, Sirene, Menandro, Iris, Chorus)
25.

-

**:**
»  Act II: Viendome despreciado (Neptuno, Proteo, Apolo, Menandro, Sirene, Iris, Chorusnis, Chorus)
26.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/12/01
【演奏陣充実!南国情緒あふれるスペイン・バロック劇音楽、気品と躍動感に富んだ演奏で】その古雅な響きに満ちた卓越した演奏解釈で注目され、フランスから欧州古楽シーンを牽引するル・ポエム・アルモニークによる、スペイン後期バロックの劇音楽という意外なレパートリー!イタリアのA.スカルラッティやフランスのカンプラと同い年のスペイン人作曲家ドゥロンは、21世紀に急速に復権が進み録音が増えつつある隠れた大物の一人で、ハプスブルク家最後のスペイン王カルロス2世の宮廷に迎えられ、数多くのサルスエラを作曲し音楽劇の世界に新境地を拓きました。《コロニス》は1705年、スペイン王室が継承戦争の流れの中でブルボン家に渡ろうという頃に披露された重要作(長く作者不詳とされていましたが、2009年にドゥロン作と確定)。海の神ネプテューン(ネプトゥーノ)と太陽の神アポロ(アポロン)が水の精コロニスとの恋をめぐって争い、最終的にアポロが勝つ……という筋書きはまさにブルボン家の勝利宣言と取れる内容ですが、17世紀末イタリア音楽風のメロディセンスを軸に据えながら、スペインや新大陸の民衆音楽に通じる躍動感あふれる要素をそこかしこに盛り込むドゥロン随一の作曲感覚はここでも十全に発揮され、時代を越えて私たちを惹きつけてやみません。キンタンス、マング、オヴィディら21世紀の古楽シーンで躍進めざましい独唱者たちに加え、器楽勢では8人にも及ぶ通奏低音をはじめ、スペイン古楽に欠かせないバホン(バスーン)の名手パパセルジオーをはじめ手練のプレイヤーが続々。ル・ポエム・アルモニークならではのノーブルな抒情に随所で絶妙なアクセントを添える打楽器や撥弦楽器のサウンドも痛快で、スペイン宮廷音楽の魅力を十全に味わえる演奏に仕上がっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。