ホーム > アルバム > ALPHA968 ドラランド:デイタティス・マジェスターテム/見よ今ぞ祝福されし神を/われら神であるあなたを讃えん(アンサンブル・エデス/ル・ポエム・アルモニーク/ドゥメストル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA968
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ミシェル=リシャール・ドラランド Michel-Richard de Lalande
作詞家
旧約聖書 Bible - Old Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
アンサンブル・エデス Ensemble Aedes , シリル・オヴィティ Cyril Auvity , ショーン・クレイトン Sean Clayton , ダグマー・サスコヴァ Dagmar Saskova , エマニュエル・デ・ネグリ Emmanuelle De Negri , ヴァンサン・デュメストル Vincent Dumestre , アンドレ・モルシュ André Morsch , ル・ポエム・アルモニーク Poème Harmonique, Le

ドラランド:デイタティス・マジェスターテム/見よ今ぞ祝福されし神を/われら神であるあなたを讃えん(アンサンブル・エデス/ル・ポエム・アルモニーク/ドゥメストル)

LALANDE, M.-R. de: Deitatis majestatem / Ecce, nunc benedicite / Te Deum laudamus (Majesté) (Ensemble Aedes, Le Poème Harmonique, Dumestre)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/ALPHA968

全トラック選択/解除

ミシェル=リシャール・ドラランド - Michel-Richard de Lalande (1657-1726)

**:**
デイタティス・マジェスターテム

Deitatis majestatem, s3

録音: May 2017, Chapelle Royale du Chateau de Versailles, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6562900
**:**
»  Deitatis majestatem
1.

-

**:**
»  Hic enim misericors
2.

-

**:**
»  Simphonie
3.

-

**:**
»  O caro christi vera
4.

-

**:**
»  Te omnes angeli
5.

-

**:**
»  O mentis jubilatio
6.

-

**:**
»  Quam dulcis est
7.

-

**:**
»  O bonitatis prodigium
8.

-

 
**:**
見よ今ぞ祝福されし神を

Ecce, nunc benedicite, s8

録音: May 2017, Chapelle Royale du Chateau de Versailles, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6562913
**:**
»  Ecce, nunc benedicite
9.

-

**:**
»  In noctibus extollite
10.

-

**:**
»  Benedicat te dominus ex sion
11.

-

 
**:**
われら神であるあなたを讃えん

Te Deum laudamus, s32

録音: May 2017, Chapelle Royale du Chateau de Versailles, France
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6562914
**:**
»  Te Deum laudamus
12.

-

**:**
»  Te aeternum patrem
13.

-

**:**
»  Tibi omnes angeli
14.

-

**:**
»  Sanctus
15.

-

**:**
»  Te gloriosus apostolorum chorus
16.

-

**:**
»  Te per orbem terrarum
17.

-

**:**
»  Tu rex gloriae
18.

-

**:**
»  Tu ad liberandum suscepturus hominem
19.

-

**:**
»  Tu devicto mortis aculeo
20.

-

**:**
»  Tu ad dexteram Dei sedes
21.

-

**:**
»  Te ergo quaesumus
22.

-

**:**
»  Aeterna fac cum sanctis tuis
23.

-

**:**
»  Salvum fac populum tuum
24.

-

**:**
»  Et rege eos
25.

-

**:**
»  Per singulos dies
26.

-

**:**
»  Dignare Domine
27.

-

**:**
»  Miserere nostri
28.

-

**:**
»  In te Domine speravi
29.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/04/01
フランス・バロック時代に活躍した作曲家ドラランド。1683年、25歳のドラランドは“太陽王”ルイ14世の宮廷音楽家として召し抱えられ、すぐに王のお気に入りの一人となり、王女の音楽教師を務めながら、1714年には王室礼拝堂(シャペル・ロワイヤル)の楽長となり、亡くなるまでその職務にあたりました。40年に渡る年月の中で、王はドラランドを信頼し、新しい王室礼拝堂を建築する際には、協議メンバーにドラランドを加えていました。またドラランドも王を心から崇拝し、お互いに良い関係を築いたようです。このアルバムでは、ドラランドが新しいシャペル・ロワイヤルのために作曲した壮大な「グラン・モテ」(管弦楽伴奏や室内楽伴奏を伴う大規模なモテット)と、テ・デウムを作品所縁の場所でデュメストル率いるル・ポエム・アルモニークが演奏、時を超えた感動をもたらしています。https:youtube.com/watch?v=IO446Esi5as

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。