ホーム > アルバム > BIS-SACD-1843 シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ/チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲(ヴィオラ編)/ブルッフ:ロマンス(リサノフ/ムハイ・タン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
BIS-SACD-1843
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert , ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー Pyotr Il'yich Tchaikovsky , マックス・ブルッフ Max Bruch
編曲者
ドブリンカ・タバコヴァ Dobrinka Tabakova , マキシム・リザノフ Maxim Rysanov
アーティスト
スウェーデン室内管弦楽団 Swedish Chamber Orchestra , ムハイ・タン Muhai Tang , マキシム・リザノフ Maxim Rysanov

シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ/チャイコフスキー:ロココ風の主題による変奏曲(ヴィオラ編)/ブルッフ:ロマンス(リサノフ/ムハイ・タン)

SCHUBERT, F.: Arpeggione Sonata / TCHAIKOVSKY, P.I.: Rococo Variations (arr. for viola) / BRUCH, M.: Romanze (Rysanov, Muhai Tang)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/BIS-SACD-1843

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
アルペジオーネ・ソナタ イ短調 D. 8211 (D. タバコヴァによるヴィオラと弦楽オーケストラ編)

Arpeggione Sonata in A Minor, D. 821 (arr. D. Tabakova for viola and string orchestra)

録音: February 2010, Orebro Concert Hall, Sweden
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1187695
**:**
»  I. Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー - Pyotr Il'yich Tchaikovsky (1840-1893)

**:**
ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 Op. 33 (M. リサノフによるヴィオラと弦楽オーケストラ編)

Variations on a Rococo Theme in A Major, Op. 33 (arr. M. Rysanov for viola and orchestra)

録音: February 2010, Orebro Concert Hall, Sweden
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1192146
**:**
»  Moderato quasi andante
4.

-

**:**
»  Theme: Moderato semplice
5.

-

**:**
»  Variation 1: Tempo del tema
6.

-

**:**
»  Variation 2: Tempo del tema
7.

-

**:**
»  Variation 3: Andante sostenuto
8.

-

**:**
»  Variation 4: Andante grazioso
9.

-

**:**
»  Variation 5: Allegro moderato
10.

-

**:**
»  Variation 6: Andante
11.

-

**:**
»  Variation 7: Allegro vivo
12.

-

マックス・ブルッフ - Max Bruch (1838-1920)

**:**
ロマンス ヘ長調 Op. 85
13.

Romanze in F Major, Op. 85

録音: February 2010, Orebro Concert Hall, Sweden
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1192147
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/09/05
31才で夭逝したシューベルトが27才の時に作曲したアルペッジョーネ・ソナタはチェロ(またはヴィオラ)とピアノが原曲ですが、1980年ブルガリア出身の作曲家ドブリンカ・タバコヴァが伴奏部を弦楽オーケストラに編曲したものをご紹介します。作曲された1824年は、梅毒の発疹治療のため入院していたウィーン総合病院を退院し、八重奏曲やロザムンデ、死と乙女などが作られた年でした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。