ホーム > アルバム > C5380 ドホナーニ:歌劇「シモーナおばさん」序曲/アメリカ狂詩曲/組曲 Op. 19/ヴェイネル:セレナード Op. 3 (ウィーン放送響/パーテルノストロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
C5380
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
レオー・ヴェイネル Leó Weiner , エルネー・ドホナーニ Ernő Dohnányi
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 ORF Vienna Radio Symphony Orchestra , ロベルト・パーテルノストロ Roberto Paternostro

ドホナーニ:歌劇「シモーナおばさん」序曲/アメリカ狂詩曲/組曲 Op. 19/ヴェイネル:セレナード Op. 3 (ウィーン放送響/パーテルノストロ)

DOHNÁNYI, E.: Tante Simona: Overture / American Rhapsody / Suite, Op. 19 / WEINER, L.: Serenade, Op. 3 (Vienna Radio Symphony, Paternostro)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/C5380

全トラック選択/解除

エルネー・ドホナーニ - Ernő Dohnányi (1877-1960)

**:**
歌劇「シモーナおばさん」 Op. 20 - 序曲
1.

Tante Simona, Op. 20: Overture

録音: 22-23 June 2020, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8857210
 
**:**
組曲 嬰ヘ短調 Op. 19

Suite in F-Sharp Minor, Op. 19

録音: 18-19 June 2019, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8857211
**:**
»  I. Andante con variazioni
2.

-

**:**
»  I. Variation 1: Più animato
3.

-

**:**
»  I. Variation 2: Animato
4.

-

**:**
»  I. Variation 3: Andante tranquillo
5.

-

**:**
»  I. Variation 4: Allegro
6.

-

**:**
»  I. Variation 5: Vivace
7.

-

**:**
»  I. Variation 6: Adagio
8.

-

**:**
»  II. Scherzo
9.

-

**:**
»  III. Romanza
10.

-

**:**
»  IV. Rondo
11.

-

 
**:**
アメリカ狂詩曲 Op. 47
12.

American Rhapsody, Op. 47

録音: 18-19 June 2019, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8857212

レオー・ヴェイネル - Leó Weiner (1885-1960)

**:**
セレナード Op. 3

Serenade in F Minor, Op. 3

録音: 22-23 June 2020, Radio Kulturhaus, Vienna, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/8857213
**:**
»  I. Allegretto quasi andantino
13.

-

**:**
»  II. Lebhaft, sehr rhythmisch
14.

-

**:**
»  III. Rubato
15.

-

**:**
»  IV. Allegro molto
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/07/01
名指揮者クリストフ・フォン・ドホナーニの祖父、エルンスト・フォン・ドホナーニ(ドホナーニ・エルネー)。ピアニストとして活躍しただけではなく、教育者としてはアニー・フィッシャーやゲオルク・ショルティなど数多くの弟子を育て上げた優れた功績で知られます。作曲家としても数多くの作品を残しましたが、残念なことに演奏される機会が多いとはいえません。このCapriccioのシリーズではドホナーニのロマンティシズムと官能性に満ちた作品の数々を現代に蘇らせています。シリーズ第5集となるこのアルバムに収録されているのは、1幕ものの歌劇《シモーナおばさん》の序曲と、ドホナーニの代表作の一つ「組曲 嬰ヘ短調」、彼の最後のオーケストラ作品となった「アメリカ狂詩曲」の3曲。なかでもアメリカ民謡が数多く引用された「アメリカ狂詩曲」は聴きごたえたっぷりの作品です。添えられているのはドホナーニより8歳年下のレオー・ヴェイネルの「セレナード」。彼もドイツ・ロマン派とハンガリー民謡の融合を目指した作曲家の一人です。演奏は世界的なオーケストラと数多く共演し、卓越したパフォーマンスで活躍する指揮者パーテルノストロ。交響曲第1番(C5386)に続くドホナーニ作品のアルバムとなります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。