ホーム > アルバム > CTH2132 ラハナー:九重奏曲 ヘ長調/ピアノ四重奏曲第2番(ベルリン・アカデミー・フィル/ゲーベル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CTH2132
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・パウル・ラハナー Franz Paul Lachner
アーティスト
Berlin Philharmonic Academy Orchestra, members , Nonett Quintet

ラハナー:九重奏曲 ヘ長調/ピアノ四重奏曲第2番(ベルリン・アカデミー・フィル/ゲーベル)

LACHNER, F.P.: Nonet in F Major / Piano Quintet No. 2 (Berlin Philharmonic Academy Orchestra, Nonett Quintet)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/CTH2132

全トラック選択/解除

フランツ・パウル・ラハナー - Franz Paul Lachner (1803-1890)

**:**
九重奏曲

Nonet in F Major

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/268959
**:**
»  I. Andante - Allegro moderato
1.

-

**:**
»  II. Menuetto: Allegro moderato
2.

-

**:**
»  III. Adagio
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro ma non troppo
4.

-

 
**:**
ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 Op. 145

Piano Quintet No. 2 in C Minor, Op. 145

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/268960
**:**
»  I. Allegro
5.

-

**:**
»  II. Adagio non troppo
6.

-

**:**
»  III. Tempo di minuetto: Allegretto
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: 2 カルロス 投稿日:2011/01/20
フランツ・ラハナーは1803年ドイツのライン・アム・レッヒ生まれの作曲家で指揮者です。シューベルトの親友で、当時は名を馳せた楽人も没後はすっかり忘れ去られました。ウィーン・フィルの創立は第1回演奏会の開かれた1861/3/28となつていますが、遡ること9年前にラハナーが企画した芸術家協会の予約演奏会がこの宮廷楽団のウィーン・フィルによって何回か開かれていました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。