ホーム > アルバム > CTH2391-2 ローゼンフェルト:歌劇「ワルシャワの謝罪の跪き」(ドルトムント・フィル/ルンプフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
CTH2391-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ゲルハルト・ローゼンフェルト Gerhard Rosenfeld
作詞家
Philipp Kochheim
アーティスト
スヴェン・エールケ Sven Ehrke , ウィリアム・キルマイアー William Killmeier , モニカ・クラウゼ Monika Krause , ドルトムンド・フィルハーモニー管弦楽団 Dortmund Philharmonic Orchestra , ドルトムント劇場合唱団 Dortmund Theatre Choir , ハンヌ・ニエミラ Hannu Niemela , トマス・ハーパー Thomas Harper , クラウス・ハンネス・ブロック Klaus Hannes Brock , アレクサンダー・ルンプフ Alexander Rumpf , Andreas Becker , Lorenz Minth

ローゼンフェルト:歌劇「ワルシャワの謝罪の跪き」(ドルトムント・フィル/ルンプフ)

ROSENFELD, G.: Kniefall in Warschau [Opera] (Rumpf)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/CTH2391-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ゲルハルト・ローゼンフェルト - Gerhard Rosenfeld (1931-2003)

**:**
Kniefall in Warschau

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/280276
**:**
»  Scene 1: Prelude - Wo ist der Mann? (WB)
1.

-

**:**
»  Scene 2: Hatte ich bleiben mussen, wo Unfassliches geschieht? (Brandt)
2.

-

**:**
»  Scene 3: Kalter Wind durch blinde Fenster (Chorus)
3.

-

**:**
»  Scene 4: Die Nazis sind noch lange nicht besiegt (WB)
4.

-

Disc 2

ゲルハルト・ローゼンフェルト - Gerhard Rosenfeld (1931-2003)

**:**
Kniefall in Warschau

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/280276
**:**
»  Interlude
1.

-

**:**
»  Scene 5: Die Krawatte? Die Frisur?
2.

-

**:**
»  Scene 6: Es ist Zeit - Nur einen Augenblick
3.

-

**:**
»  Scene 7: Wir erwarten heute den Kanzler der Bundesrepublik Deutschland
4.

-

**:**
»  Scene 8: Herr Dr. Barzel, wir konnen es wagen
5.

-

**:**
»  Scene 9: Zu langes Schweigen, der Kanzler mude, im Krankenhaus
6.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。