ホーム > アルバム > FUG611 シューマン/クルターグ:ヴィオラ作品集(スパンドンク/ドゥサン/ロルティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
FUG611
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジェルジ・クルターグ György Kurtág , ロベルト・シューマン Robert Schumann
編曲者
不詳 Anonymous
アーティスト
ロナルド・ファン・スパンドンク Ronald van Spaendonck , エレーヌ・ドゥサン Helene Desaint , ルイ・ロルティ Louis Lortie

シューマン/クルターグ:ヴィオラ作品集(スパンドンク/ドゥサン/ロルティ)

Viola Music - SCHUMANN, R. / KURTÁG, G. (Spaendonck, Desaint , Lortie)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/FUG611

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
おとぎの絵本 Op. 113 (ヴィオラとピアノ版)

Märchenbilder, Op. 113 (version for viola and piano)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6911834
**:**
»  I. Nicht schnell
1.

-

**:**
»  II. Lebhaft
2.

-

**:**
»  III. Rasch
3.

-

**:**
»  IV. Langsam, mit melancholischem Ausdruck
4.

-

ジェルジ・クルターグ - György Kurtág (1926-)

**:**
ヴィオラのためのサイン、ゲームとメッセージ - 無窮動
5.

Signs, Games and Messages for Viola: Perpetuum mobile

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913313

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
3つのロマンス Op. 94 - 第1番 Nicht schnell (ヴィオラとピアノ編)
6.

3 Romanzen, Op. 94: No. 1. Nicht schnell (arr. for viola and piano)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913314

ジェルジ・クルターグ - György Kurtág (1926-)

**:**
ヴィオラのためのサイン、ゲームとメッセージ - ドロローソ
7.

Signs, Games and Messages for Viola: Doloroso (Garzulyéknak)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913315

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
3つのロマンス Op. 94 - 第2番 Einfach, innig (ヴィオラとピアノ編)
8.

3 Romanzen, Op. 94: No. 2. Einfach, innig (arr. for viola and piano)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913316

ジェルジ・クルターグ - György Kurtág (1926-)

**:**
弦楽三重奏のためのサイン、ゲームとメッセージ - イェレク 1
9.

Signs, Games and Messages for Viola: Jelek I

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913317
 
**:**
弦楽三重奏のためのサイン、ゲームとメッセージ - イェレク 2
10.

Signs, Games and Messages for Viola: Jelek II

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913318

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
3つのロマンス Op. 94 - 第3番 Nicht schnell (ヴィオラとピアノ編)
11.

3 Romanzen, Op. 94: No. 3. Nicht schnell (arr. for viola and piano)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913319

ジェルジ・クルターグ - György Kurtág (1926-)

**:**
ヴィオラのためのサイン、ゲームとメッセージ - イン・ノミネ
12.

Signs, Games and Messages for Viola: In Nomine - all'ongherese (Damjanich emlékkö)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913320
 
**:**
ロベルト・シューマンへのオマージュ Op. 15d

Hommage a R. Sch., Op. 15d

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913321
**:**
»  I. (merkwurdige Pirouetten des Kapellmeisters Johannes Kreisler)
13.

-

**:**
»  II. (E.*: der begrenzte Kreis … ) -
14.

-

**:**
»  III. ( … und wieder zuckt es schmerzlich F.* um die Lippen … )
15.

-

**:**
»  IV. (Felho valek, mar sut a nap … )
16.

-

**:**
»  V. In der Nacht
17.

-

**:**
»  VI. Abschied (Meister Raro entdeckt Guillaume de Machaut)
18.

-

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
おとぎ話 Op. 132

Märchenerzählungen, Op. 132 (version for clarinet, viola and piano)

録音: Queen Elisabeth Music Chapel, UK
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/6913322
**:**
»  I. Lebhaft, nicht zu schnell
19.

-

**:**
»  II. Lebhaft und sehr markiert
20.

-

**:**
»  III. Ruhiges Tempo, mit zartem Ausdruck
21.

-

**:**
»  IV. Lebhaft, sehr markiert
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2018/09/01
フランス出身のヴィオラ奏者エレーヌ・ドゥサンは、2011年にジュネーヴ州立高等音楽院を卒業後、この世代随一のソリストとして活躍するほか、アンサンブル2e2mのメンバーとしても活動しています。彼女が強い情熱をもってシューマンに取り組むこのアルバムでは、現代を生きる作曲家クルターグの作品と対峙させることにより、お互いの特性を引き立てるという稀有な試みを成功させました。全部で24曲あるクルターグの「サイン、ゲームとメッセージ」から5曲を選び、その間にシューマンの「3つのロマンス」を挟み込むという実験的な試みも素晴らしい効果を生んでいます。もう一つ収録されたクルターグ作品もシューマンへのオマージュであり、親和性が高いのは当然のこと。作風は異なっているものの、音楽が目指す方向が近い作曲家だからこそ、このような共鳴が生まれるのだと言えるでしょう。ドゥサンのヴィオラは鳴らし過ぎることなく、常に優しく耳当たりの良い音色で、19世紀と20世紀が生んだ巨匠の音楽を丁寧に歌い上げています。CHANDOSレーベルに録音の多いロルティの参加も注目です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。