ホーム > アルバム > GB2476-77-2 モーツァルト’歌劇「後宮からの誘拐」 K. 384 (イタリア語歌唱)(モラーチェ/マルジリア/パストラーナ/ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場管/リゴン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
GB2476-77-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
作詞家
クリストフ・フリードリヒ・ブレツナー Christoph Friedrich Bretzner
アーティスト
タティアーナ・アギアル Tatiana Aguiar , イ・ポリフォニーチ・ヴィンチェンティーニ Polifonici Vicentini, I , ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場管弦楽団 Orchestra del Teatro Olimpico di Vicenza , ガブリエレ・サゴーナ Gabriele Sagona , カルロス・ナターレ Carlos Natale , サンドラ・パストラーナ Sandra Pastrana , フランチェスコ・マルジリア Francesco Marsiglia , フィリッポ・モラーチェ Filippo Morace , ジョヴァンニ・バッティスタ・リゴン Giovanni Battista Rigon

モーツァルト’歌劇「後宮からの誘拐」 K. 384 (イタリア語歌唱)(モラーチェ/マルジリア/パストラーナ/ヴィチェンツァ・オリンピコ劇場管/リゴン)

MOZART, W.A.: Entführung aus dem Serail (Die) [Opera] (Sung in Italian) (Morace, Marsiglia, Pastrana, Orchestra del Teatro Olimpico di Vicenza, Rigon)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/GB2476-77-2

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「後宮からの誘拐」 K. 384 (イタリア語歌唱)

Die Entführung aus dem Serail (Abduction from the Seraglio), K. 384 (Sung in Italian)

録音: 22, 24 May 2012, Teatro Olimpico di Vicenza, Vicenza, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4275179
**:**
»  Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I: Qui rivederti io debbo (Belmonte, Osmin)
2.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Forse un briccon metter dovrei (Osmino)
3.

-

**:**
»  Act I: Aria: Ah, cotesti avventurieri (Osmino)
4.

-

**:**
»  Act I: Viva, sempre viva (Chorus)
5.

-

**:**
»  Act II: Duet: Perche si mesta ancor (Selim, Costanza)
6.

-

**:**
»  Act I: Viva, sempre viva (Chorus)
7.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Ah, mio caro padrone (Pedrillo, Belmonte, Osmin)
8.

-

**:**
»  Act I: Trio: No, no, no, state la (Belmonte, Pedrillo, Osmino)
9.

-

**:**
»  Act I: Recitative and Cavatina: Ch'io mi scordi di lui? (Costanza)
10.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Io diceva così (Costanza)
11.

-

**:**
»  Act I: Finale: Ah Belmonte! Caro bene (Belmonte, Costanza, Bionda)
12.

-

Disc 2

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
歌劇「後宮からの誘拐」 K. 384 (イタリア語歌唱)

Die Entführung aus dem Serail (Abduction from the Seraglio), K. 384 (Sung in Italian)

録音: 22, 24 May 2012, Teatro Olimpico di Vicenza, Vicenza, Italy
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4275179
**:**
»  Act II: Recitative and Aria: Oh amor, pietoso amor! (Belmonte)
1.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Si, Bionda mia (Belmonte)
2.

-

**:**
»  Act II: Trio: Biondina amabile (Bionda, Belmonte, Pedrillo)
3.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Eh, se riesce il colpo (Pedrillo, Osmino)
4.

-

**:**
»  Act II: Duet: Viva Bacco (Pedrillo, Osmino)
5.

-

**:**
»  Act II : Recitative: Gia bisogna pur dir (Pedrillo, Osmino, Belmonte)
6.

-

**:**
»  Act II: Romanza: Schiava resto (Pedrillo)
7.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Padrone, la finestra! (Pedrillo)
8.

-

**:**
»  Act II: Quintet and Chorus: Oh mio ben, che facciam mai? (Costanza, Bionda, Pedrillo, Osmino)
9.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Non so l'immagin (Selim, Osmino)
10.

-

**:**
»  Act II: Duet: Bene, Pedrillo il primo (Selim, Osmino)
11.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Ah, siete qua! Benissimo (Osmino)
12.

-

**:**
»  Act II: Recitative and Duet: Oh qual destin (Costanza, Belmonte)
13.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Ah, padron mio (Pedrillo, Belmonte, Selim, Osmino)
14.

-

**:**
»  Act II: Finale: Aria and Chorus: Per voi più bello il giorno (Costanza, Chorus)
15.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。