ホーム > アルバム > IDIS6604 ショパン/ブラームス/プロコフィエフ/ラヴェル/リスト:ピアノ作品集(アルゲリッチ)(1960)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
IDIS6604
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel , フランツ・リスト Franz Liszt
アーティスト
マルタ・アルゲリッチ Martha Argerich

ショパン/ブラームス/プロコフィエフ/ラヴェル/リスト:ピアノ作品集(アルゲリッチ)(1960)

Piano Recital: Argerich, Martha - CHOPIN, F. / BRAHMS, J. / PROKOFIEV, S. / RAVEL, M. / LISZT, F. (The Young Martha Argerich) (1960)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/IDIS6604

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op. 39
1.

Scherzo No. 3 in C-Sharp Minor, Op. 39

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044023

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
2つの狂詩曲 Op. 79

2 Rhapsodies, Op. 79

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044045
**:**
»  No. 1 in B Minor
2.

-

**:**
»  No. 2 in G Minor
3.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
トッカータ ニ短調 Op. 11
4.

Toccata in D Minor, Op. 11

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044046

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
水の戯れ
5.

Jeux d'eau

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044047

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
舟歌 嬰ヘ長調 Op. 60
6.

Barcarolle in F-Sharp Major, Op. 60

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044048

フランツ・リスト - Franz Liszt (1811-1886)

**:**
19のハンガリー狂詩曲 S244/R106 - 第6番 変ニ長調
7.

19 Hungarian Rhapsodies, S244/R106: No. 6 in D-Flat Major

録音: 1960, Studio recording
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/1044049
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: miwaosa 投稿日:2011/06/19
アルゲリッチ19歳、1965年にショパン国際ピアノ・コンクールで衝撃的な優勝を果たす5年前の演奏です。ジャケットにも「THE YOUNG MARTHA ARGERICH」とありますが、この録音を聴くと、彼女がいかに年齢と経験を重ねることで、より多くの「心の自由」を獲得していったか、という感慨を覚えます。逆に申せば、さすがにこの時点では例えばショパンの『舟歌』もあまりパッとしません。スタジオということもあってノリがいま一つなのでしょうか。ちょっと堅苦しい感じです。しかし、最後に収められているリストの『ハンガリー狂詩曲』は一転、活き活きとした快演です。後年、ショパンに負けず劣らずリストの素晴らしい演奏が際立つアルゲリッチの片鱗が、若き日にも垣間見えていたのかもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。