ホーム > アルバム > LPDCD110 アストル・ピアソラ II (エルシエロ2020)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
LPDCD110
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アストル・ピアソラ Astor Piazzolla
アーティスト
エルシエロ2020 Cielo 2020, El

アストル・ピアソラ II (エルシエロ2020)

PIAZZOLLA, A.: Chamber Music (Astor Piazzolla II) (El Cielo 2020)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/LPDCD110

全トラック選択/解除

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
イマヘネス676

Imagenes 676

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601824
**:**
»  Imagenes
1.

-

 
**:**
孤独
2.

Soledad

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601825
 
**:**
五重奏のためのコンチェルト
3.

Concierto para quinteto

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601826
 
**:**
タンゲディア
4.

Tanguedia

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601827
 
**:**
セロス(嫉妬)
5.

Celos

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601828
 
**:**
ビジュージャ
6.

Biyuya

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601829
 
**:**
アヴェ・マリア 「タンティ・アンニ・プリマ」
7.

Ave Maria, "Tanti anni prima"

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601830
 
**:**
ラ・カモーラ - III
8.

La Camorra: III. —

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601831
 
**:**
ブエノスアイレス午前零時
9.

Buenos Aires hora cero

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601832
 
**:**
悪魔のタンゴ
10.

Tango del Diablo

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601833
 
**:**
悪魔をやっつけろ
11.

Vayamos al Diablo

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601834
 
**:**
天使の復活
12.

Resurreccion del Angel

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9601835
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/07/01
El Cielo 2020(エルシエロニイゼロニイゼロ)は、ピアソラを専門に奏する四重奏団(ヴァイオリン・チェロ・ベース・ピアノ)で、ライブの熱量にこだわり、結成5年後の2020年に1st『Astor Piazzolla』をリリース、ジャズやポスト・ロックのフリークからも好評を博した。1stから約2年、こなしたライブの数も相乗し、2ndは精錬の密度を増している。ピアソラ作品の中では比較的ポピュラーな『リベルタンゴ』や『ミケランジェロ』等を収録していた前作に比べ、エルシエロの特性がより生かされるコアな楽曲を選択している点も大きい。 ひしめく音は、バンドネオンの不在よりむしろ、楽曲を建造物として鮮明化する。退廃の色気などもさることながら、縦の振幅が高く聳え、最終曲『天使の復活』にてピアソラの復活が結節する。「強靱なピアソラだ。真夜中の都会のアスファルトを、恐れを知らずに踏みしめて行くような。その確かな歩みがしかし、だからこそ、ピアソラに特有の焦燥感を艶やかに立ち上らせる。音楽というものの激しさ。名演である。」千葉雅也 ……CD帯よりEl Cielo 2020(エルシエロニイゼロニイゼロ)ピアソラのスペシャリストとして結成されたピアノ、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスによる四重奏団。タンゴではなく、クラシックでもなく、ジャズやロックでもない。様々な音楽を融合し、進化させた、ひとつのジャンルともいうべき “アストル・ピアソラ”。人間の体臭を放ち、哀愁を帯びたその音楽は、邪悪にして重厚、そして火のような激しさで人々の心を熱狂させる。音楽そのものの熱さ、生々しさ、そしてグロテスクさをも孕んだ美しさ。El Cielo 2020はピアソラの“魂”を継承し、そのスタイルを現代的に洗練させた、新時代のバンドである。
レビュアー: yasu 投稿日:2022/10/07
《超絶ピアソラ・スペシャリスト集団、渾身の2ndアルバム!》 ピアソラの楽曲を演奏するスペシャリスト集団として2015年に結成された、ヴァイオリン(桜井大士)・チェロ(橋本專史)・コントラバス(金森基)・ピアノ(高木梢)による四重奏団「El Cielo 2020 (エルシエロ2020)」による2ndアルバムがリリースされました。前作では代表的な作品が中心に収録されていましたが、今回は演奏される機会の少ない比較的コアな作品が多く収録されています。1曲目の「イマヘネス676」からアグレッシブに突き進み、続く「孤独」では場が静まり返り、ノスタルジックな音楽に変わります。ピアソラの音楽の静と動の対比が、見事なまでに表現された一枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。