ホーム > アルバム > OC1849 モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番、第27番/ヴァイオリンとピアノのための協奏曲/幻想曲(フェッター/クズマウル/ハンブルク響/ルジツカ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
OC1849
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
ロバート・D・レヴィン Robert D. Levin
アーティスト
ライナー・クスマウル Rainer Kussmaul , ハンブルク交響楽団 Hamburg Symphony Orchestra , ゾフィー=マユコ・フェッター Sophie-Mayuko Vetter , ペーター・ルジツカ Peter Ruzicka

モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番、第27番/ヴァイオリンとピアノのための協奏曲/幻想曲(フェッター/クズマウル/ハンブルク響/ルジツカ)

MOZART, W.A.: Piano Concertos Nos. 17 and 27 / Concerto for Violin and Piano / Fantasia (Sophie-Mayuko Vetter, Kussmaul, Hamburg Symphony, Ruzicka)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/OC1849

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K. 595

Piano Concerto No. 27 in B-Flat Major, Op. 17, K. 595

録音: 29-30 September, 1 October 2015, Friedrich-Ebert-Halle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4940210
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K. 453

Piano Concerto No. 17 in G Major, Op. 9, K. 453

録音: 29-30 September, 1 October 2015, Friedrich-Ebert-Halle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4943062
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegretto: Presto
6.

-

 
**:**
ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 ニ長調 K. Anh. 56/315f - 第1楽章 アレグロ(R. レヴィンによる補筆完成版)
7.

Concerto for Violin and Piano in D Major, K. Anh. 56/315f: I. Allegro (completed by R. Levin)

録音: 29-30 September, 1 October 2015, Friedrich-Ebert-Halle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4943063
 
**:**
幻想曲 ハ短調 K. 396 (断章)(M. シュタートラーによるヴァイオリンとピアノのための補筆完成版)
8.

Fantasia in C Minor, K. 396 (fragment) (arr. and completed by M. Stadler for violin and piano)

録音: 29-30 September, 1 October 2015, Friedrich-Ebert-Halle, Hamburg, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/4943064
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2016/06/01
ドイツ人の父と日本人の母を持つ女性ピアニスト、ゾフィー=マユコ・フェッターのOEHMSデビュー盤。どちらかというと現代音楽のスペシャリストとして知られている彼女ですが、HAENSSLERレーベルにはブラームスを録音したりと、幅広いレパートリーの片鱗を見せていました。そんな彼女が今回演奏したのは、モーツァルト(1756-1791)の2曲のピアノ協奏曲と、アンコールとして用意されたヴァイオリンを伴う2曲の小品です。実はエディット・ピヒト=アクセンフェルトが亡くなる年まで、ハープシコードなど歴史的鍵盤楽器の演奏法の指導を受けていたという彼女、モーツァルトの演奏に関しても優れた解釈を有しています。ヴァイオリン奏者として参加しているのは彼女の師でもあるライナー・クスマウル。1990年代にベルリン・フィルのコンサート・マスターを務めながら、古楽奏法の研究にも勤しみ、1995年に創設したベルリン・バロック・ゾリステンの音楽監督でもあるという名手です。ルジツカ率いるハンブルク交響楽団から生み出される流麗なモーツァルトをお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。