ホーム > アルバム > ODE1217-5 サーリアホ:シモーヌの受難(アップショウ/タピオラ室内合唱団/フィンランド放送響/サロネン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
ODE1217-5
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
カイヤ・サーリアホ Kaija Saariaho
作詞家
アミン・マアルーフ Amin Maalouf
アーティスト
ドーン・アップショウ Dawn Upshaw , エサ=ペッカ・サロネン Esa-Pekka Salonen , タピオラ室内合唱団 Tapiola Chamber Choir , フィンランド放送交響楽団 Finnish Radio Symphony Orchestra , Dominique Blanc

サーリアホ:シモーヌの受難(アップショウ/タピオラ室内合唱団/フィンランド放送響/サロネン)

SAARIAHO, K.: Passion de Simone (La) (Upshaw, Tapiola Chamber Choir, Finnish Radio Symphony, Salonen)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/ODE1217-5

全トラック選択/解除

カイヤ・サーリアホ - Kaija Saariaho (1952-)

**:**
シモーヌの受難

La Passion de Simone

録音: 19–20 October 2012, Helsinki Music Centre, Finland
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/2742603
**:**
»  Station 1: Simone, grande soeur
1.

-

**:**
»  Station 2: Simone, grande soeur - Tu as choisi de porter ta croix
2.

-

**:**
»  Station 3: Une autre que toi
3.

-

**:**
»  Station 4: Attentive a la souffrance des humains
4.

-

**:**
»  Station 5: Travailler de tes mains, Simone?
5.

-

**:**
»  Station 6: Et puis il y a cette image, Simone
6.

-

**:**
»  Station 7: En sortant de l'usine, grande soeur
7.

-

**:**
»  Station 8: Dieu se retire pour ne pas etre aime
8.

-

**:**
»  Station 9: Savoir aimer - Dieu, pour Lui-meme
9.

-

**:**
»  Station 10: Se depouiller - Et tu t'es retrouvee seule
10.

-

**:**
»  Station 11: Tu as longtemps cru qu'il fallait
11.

-

**:**
»  Station 12: Alors tu as choisi de te sacrifier autrement
12.

-

**:**
»  Station 13: Lentement, Tu as rendu l'ame
13.

-

**:**
»  Station 14: C'etait en aout '43
14.

-

**:**
»  Final Station: Par ta mort, tout ce que tu avais dit
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2015/04/03
パリのユダヤ人家庭に生まれたシモーヌ・ヴェイユ(1909-1943)。彼女はリセ(高等学校)時代に哲学者アランの教えを受け、その教えに傾倒します。やがて、当時は女子を受け入れていなかった高等師範学校に入学、哲学の教員資格を取得し1931年にリセの教員となります。彼女は様々な国際情勢を肌で感じながら、多くの政治活動に身を投じ、戦争の悲惨さを訴え続けます。ヒトラーの迫害を避けながら、1942年はアメリカからロンドンに移住し、そこでもレジスタンスに参加、結核で体力を冒されながらもハンストを決行。治療と栄養補給の全てを拒否したまま1943年に34歳の若さで生涯を閉じた人です。 この作品はそんなシモーヌの生涯と思想を、作曲家サーリアホがソプラノ独唱、合唱、管弦楽と電子楽器のためのオラトリオとして作曲したものです。サーリアホは若い頃からシモーヌの文章を読み、強く感銘を受けていたとのことで、このオラトリオを作曲する際も、シモーヌについて多くの考察を重ね、全てを描き出すように務めたと言います。 ここでは歌唱部分を名ソプラノ、アップショウが受け持ち、混沌としたオーケストラの部分はサロネンが見事な陰影をつけています。 サーリアホの60歳の誕生日を記念してのリリースとなります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。