ホーム > アルバム > Phoenix110 ルベル:四大元素/ラモー:バレエ組曲「カストルとポルクス」(オルフェオ・バロック管/ガイク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
Phoenix110
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau , ジャン・フェリ・ルベル Jean-Féry Rebel
アーティスト
オルフェオ・バロック管弦楽団 Orfeo Baroque Orchestra, L' , ミヒ・ガイック Michi Gaigg

ルベル:四大元素/ラモー:バレエ組曲「カストルとポルクス」(オルフェオ・バロック管/ガイク)

REBEL, J.F.: Elemens (Les) / RAMEAU, J.P.: Castor et Pollux Suite (L'Orfeo Baroque Orchestra, Gaigg)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/Phoenix110

全トラック選択/解除

ジャン・フェリ・ルベル - Jean-Féry Rebel (1666-1747)

**:**
バレエ音楽「四大元素」

Les elemens, "Simphonie nouvelle"

録音: 21-23 June 2007, Kirche der Barmherzigen Bruder, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/233737
**:**
»  I. Le Cahos
1.

-

**:**
»  II. Loure, "La Terre et l'Eau" - Air pour les violons -
2.

-

**:**
»  III. Chaconne, "Le Feu"
3.

-

**:**
»  IV. Ramage, "L'Air"
4.

-

**:**
»  V. Rossignols
5.

-

**:**
»  VI. Loure, "La Chasse"
6.

-

**:**
»  VII. Tambourin I-II
7.

-

**:**
»  VIII. Sicilienne
8.

-

**:**
»  IX. Rondeau, "Air pour l'Amour"
9.

-

**:**
»  X. Caprice
10.

-

ジャン=フィリップ・ラモー - Jean-Philippe Rameau (1683-1764)

**:**
歌劇「カストールとポリュックス」組曲

Castor et Pollux Suite

録音: 21-23 June 2007, Kirche der Barmherzigen Bruder, Austria
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/233738
**:**
»  Ouverture
11.

-

**:**
»  Act I: Menuet I -
12.

-

**:**
»  Act I: Tambourin
13.

-

**:**
»  Act I: Menuet II
14.

-

**:**
»  Act I: Tambourin (da capo)
15.

-

**:**
»  Act II: Prelude
16.

-

**:**
»  Act II: Air des Athletes III
17.

-

**:**
»  Act II: Air pour Hebe et ses suivantes - Sarabande
18.

-

**:**
»  Act III: Air des Demons II
19.

-

**:**
»  Act IV: Loure
20.

-

**:**
»  Act IV: Gavotte
21.

-

**:**
»  Act IV: Passepied I -
22.

-

**:**
»  Act IV: Passepied II -
23.

-

**:**
»  Act IV: Passepied I (da capo)
24.

-

**:**
»  Act V: Entree des Astres
25.

-

**:**
»  Act V: Gigue
26.

-

**:**
»  Act V: Chaconne
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/03/01
ルベルの「四大元素」は以前からバロック音楽マニアの間ではよく知られた作品です。冒頭のこの世とも思われる不協和音、これは初めてこの曲を耳にした人にはかなりのショックを与えること間違いなしです。地球を表す低弦の響き、フルートは水、ヴァイオリンは大気を表現し、信じられないほどに快活な音で地球の神秘を描き出します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。