ホーム > アルバム > SOMMCD073 エルガー:序曲「南国にて」/海の絵/エニグマ変奏曲(ウェルドン)(1953-1954)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
SOMMCD073
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
作詞家
キャロリン・アリス・ロバーツ・エルガー Caroline Alice Roberts Elgar , リチャード・ガーネット Richard Garnett , アダム・リンゼイ・ゴードン Adam Lindsay Gordon , ローデン・バークリー・ライオセスリー・ノエル Roden Berkeley Wriothesley Noel , エリザベス・バレット・ブラウニング Elizabeth Barrett Browning
アーティスト
ジョージ・ウェルドン George Weldon , フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra , グラディス・リプリー Gladys Ripley , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

エルガー:序曲「南国にて」/海の絵/エニグマ変奏曲(ウェルドン)(1953-1954)

ELGAR, E.: In the South Overture, "Alassio" / Sea Pictures / Enigma Variations (Weldon) (1953-1954)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/SOMMCD073

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
序曲「南国にて」 Op. 50
1.

In the South Overture, Op. 50, "Alassio"

録音: 1954, Abbey Road, Studio No. 1, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3369944
 
**:**
海の絵 Op. 37

Sea Pictures, Op. 37

録音: 1954, Abbey Road, Studio No. 1, London, England, United Kingdom
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3369945
**:**
»  No. 1. Sea Slumber-Song
2.

-

**:**
»  No. 2. In Haven (Capri)
3.

-

**:**
»  No. 3. Sabbath Morning at Sea
4.

-

**:**
»  No. 4. Where Corals Lie
5.

-

**:**
»  No. 5. The Swimmer
6.

-

 
**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma"

録音: 1953, The Kingsway Hall, London, United Kingdom
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/3369946
**:**
»  Theme: Andante
7.

-

**:**
»  Variation 1: C. A. E. (The Composer's Wife)
8.

-

**:**
»  Variation 2: H. D. S-P. (Hew David Steuart-Powell)
9.

-

**:**
»  Variation 3: R. B. T. (Richard Baxter Townshend)
10.

-

**:**
»  Variation 4: W. M. B. (William Meath Baker)
11.

-

**:**
»  Variation 5: R. P. A. (Richard Penrose Arnold)
12.

-

**:**
»  Variation 6: Ysobel (Isabel Fitton)
13.

-

**:**
»  Variation 7: Troyte (Troyte Griffith)
14.

-

**:**
»  Variation 8: W. N. (Winifred Norbury)
15.

-

**:**
»  Variation 9: Nimrod (A. J. Jaeger)
16.

-

**:**
»  Variation 10: Intermezzo: Dorabella (Dora Penny)
17.

-

**:**
»  Variation 11: G. R. S. (George Robertson Sinclair)
18.

-

**:**
»  Variation 12: B. G. N. (Basil G. Nevinson)
19.

-

**:**
»  Variation 13: Romanza: *** (Lady Mary Lygon)
20.

-

**:**
»  Variation 14: Finale: E. D. U. (The Composer)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2019/04/01
ウェスト・サセックス州チチェスターに生まれ、ロンドンの王立音楽院でマルコム・サージェントに指揮法を師事したウェルドン。彼の名前は、現在ほとんど忘れられてしまいましたが、1950年代には情熱溢れた演奏で輝かしい名声を獲得していました。彼は1943年から1951年までバーミンガム市交響楽団の首席指揮者を務めた後、ジョン・バルビローリに請われてハレ管弦楽団の補助指揮者となり、同時にサドラーズ・ウェルズ・オペラの指揮者も務め、イギリス音楽の伝統を伝えました。エルガー作品は特にお気に入りで、大切なレパートリーとして繰り返し演奏、作品の魅力を伝えています。この録音でも、エルガーに対する愛情が伝わってきます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。