ホーム > アルバム > VXP-7907 グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲/瞑想曲/四季(ロザンド/マレーシア・フィル/バケルス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
VXP-7907
CD発売時期
2001年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ, 協奏曲
作曲家
アレクサンドル・コンスタンティノーヴィチ・グラズノフ Alexander Konstantinovich Glazunov
アーティスト
ケース・バケルス Kees Bakels , マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団 Malaysian Philharmonic Orchestra , アーロン・ロザンド Aaron Rosand

グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲/瞑想曲/四季(ロザンド/マレーシア・フィル/バケルス)

GLAZUNOV, A.K.: Violin Concerto, Op. 82 / Meditation / The Seasons (Rosand, Malaysian Philharmonic, Bakels)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/VXP-7907

全トラック選択/解除

**:**
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op. 82

Violin Concerto in A Minor, Op. 82

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/164562
**:**
»  I. Moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Animando - Allegro
3.

-

 
**:**
瞑想曲 ニ長調 Op. 32
4.

Meditation, Op. 32

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/164563
 
**:**
バレエ音楽「四季」 Op. 67

Vremena goda (The Seasons), Op. 67

この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/164564
**:**
»  L'Hiver: Introduction
5.

-

**:**
»  L'Hiver: Variation 1, "Le Givre"
6.

-

**:**
»  L'Hiver: Variation 2, "La Glace"
7.

-

**:**
»  L'Hiver: Variation 3, "Le Grele"
8.

-

**:**
»  L'Hiver: Variation 4, "La Neige"
9.

-

**:**
»  L'Hiver: Coda
10.

-

**:**
»  Printemps
11.

-

**:**
»  L'Ete
12.

-

**:**
»  L'Ete: Valse des Bluets st des Pavots
13.

-

**:**
»  L'Ete: Barcarolle
14.

-

**:**
»  L'Ete: Variation
15.

-

**:**
»  L'Ete: Coda
16.

-

**:**
»  L'Automne: Bacchanal
17.

-

**:**
»  L'Automne: Entrees des Saisons: L'Hiver
18.

-

**:**
»  L'Automne: Entrees des Saisons: Printemps
19.

-

**:**
»  L'Automne: Entrees des Saisons: L'Ete
20.

-

**:**
»  L'Automne: Petit Adagio
21.

-

**:**
»  L'Automne: Variation: Le Satyre - Apotheose
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Tossy 投稿日:2018/12/16
アーロン・ロザンドは早いパッセージも音程の狂いなく、難なくこなすことができる優れたヴァイオリニストです。幅広いレパートリーを持ち、エルンストやフバイ、ゴダールなどの珍しい協奏曲を録音するなど、昔から大いに私を楽しませてくれています。1927年生まれですから、このアルバムを録音した時は、既に70歳を超えているにもかかわらず、全く衰えは見られません。バラライカを模したようなフレーズも登場するロシアの香りが色濃いグラズノフの協奏曲を見事に演奏できるのは、アメリカ生まれながら母親がロシアからの移民という血のなせる業かもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。