ホーム > アルバム > WER6863-2 ムジークファブリーク・エディション 10 「死」 - フィリデーイ/ベイル/カーゲル(クリード)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
WER6863-2
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
マウリシオ・カーゲル Mauricio Kagel , ミヒャエル・バイル Michael Beil , フランチェスコ・フィリデーイ Francesco Filidei
作詞家
ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine
アーティスト
アンサンブル・ムジークファブリーク Ensemble Musikfabrik , マーカス・クリード Marcus Creed , オットー・タウスク Otto Tausk , ミヒャエル・バイル Michael Beil , マルクス・ブルッチャー Markus Brutscher , エミリオ・ポマリコ Emilio Pomàrico

ムジークファブリーク・エディション 10 「死」 - フィリデーイ/ベイル/カーゲル(クリード)

Vocal and Instrumental Ensemble Music (20th-21st Centuries) - FILIDEI, F. / BEIL, M. / KAGEL, M. (Edition MusikFabrik, Vol. 10 - Sterben) (Creed)

このページのURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/album/WER6863-2

全トラック選択/解除

フランチェスコ・フィリデーイ - Francesco Filidei (1973-)

**:**
すべての身振りが終わったとき
1.

Finito ogni gesto

録音: 24 October 2013, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR Funkhaus am Wallrafplatz Köln, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9456668

ミヒャエル・バイル - Michael Beil (1963-)

**:**
ブラックジャック
2.

Black Jack

録音: 21 January 2012, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR Funkhaus am Wallrafplatz Köln, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9456669

マウリシオ・カーゲル - Mauricio Kagel (1931-2008)

**:**
褥の墓にて

In der Matratzengruft

録音: 18 September 2010, Klaus-von-Bismarck-Saal, WDR Funkhaus am Wallrafplatz Köln, Germany
この作品のURL
https://pmfbt.ml.naxos.jp/work/9456670
**:**
»  I. Andantino, "Es schmilzt das Fleisch von meinen Rippen"
3.

-

**:**
»  II. Moderato, "…Die Klavierkonzerte zerreißen uns die Ohren"
4.

-

**:**
»  III. Andantino, "Ach! der Schmerz ist stumm geboren"
5.

-

**:**
»  IV. Poco meno mosso, "…Fürcht' dich nicht, lieber Hörer"
6.

-

**:**
»  V. Allegretto, "Posaunenruf erfüllt die Luft"
7.

-

**:**
»  VI. Moderato con fuoco, "Im süßen Lied ist oft ein saurer Reim"
8.

-

**:**
»  VII. Moderato con anima, "Als ich nach Hause ritt, da liefen"
9.

-

**:**
»  VIII. Andante, "In jenen Nächten hat Langweil ergriffen"
10.

-

**:**
»  IX. Andantino, "Jahre kommen und vergehen"
11.

-

**:**
»  X. Allegretto, "Vielleicht bin ich gestorben längst"
12.

-

**:**
»  XI. Allegro agitato, "Ja, nur stammeln, stottern kann ich"
13.

-

**:**
»  XII. Adagio, "Die Schönheit ist dem Staub verfallen"
14.

-

**:**
»  XIII. Allegretto, "Mit spöttischem Summsen mein Bett umschwirren"
15.

-

**:**
»  XIV. Andantino, "…mocht' es wohl geschehen"
16.

-

**:**
»  XV. Largo, "Mich ruft der Tod"
17.

-

 

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。